効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ

効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索

頭皮のタイプに合わせて育毛剤を選ばなきゃ効果がない!?脂っぽい、M字型に薄いなどそれぞれの頭皮や毛髪の悩みに合った育毛剤のススメ。

育毛剤ランキング総まとめ!効果のある育毛剤が分かる!薄毛対策に人気の全47商品から最終的にオススメの7つを決定。

おでこの生え際の毛がはげた!?前髪に産毛が生えていないのは危険信号だって本当?生え際の産毛を太く育てる方法を伝授。
メタボ=ハゲは本当だった!?調査したところ、メタボは薄毛になりやすい傾向にあるようです。どうしてそうなってしまうのでしょうか。ここでは、メタボ=ハゲの原因から薄毛に優しいダイエット方法まで幅広く解説していきます。
2017年6月30日
正常な抜け毛とは?異常な抜け毛への対策 あなたの抜け毛は正常ですか?異常ですか? シャンプーやクシでとかした後…続きを読む
2017年6月30日
飲酒のしすぎは、体だけでなく薄毛やハゲにも大敵なので気をつけなければいけません。薄毛になる原因とはどういったことなのか、ここでお伝えしていきます。お酒が大好きなあなたも、これを読んだら休肝日が増えるかも?
2017年6月30日
薄毛の人にとって髪の悩みは深刻。効果があるかどうかは別として、気分転換に神(髪)頼みもたまにはいいかも?ということで、ここでは髪にまつわる神社や寺を紹介します。どこも、髪に関係のある興味深い場所ばかりです。
2017年6月29日
もっと読む
コーヒーは抜け毛対策に効果がある、逆に抜け毛や薄毛を促進するなどの話がありますが、どちらが本当なのでしょうか。この記事では、コーヒーと抜け毛・薄毛の関係はどんなものなのかをお伝えしていきます。いつもコーヒーを飲んでいる人は必見です!
2017年6月29日
ごま油は薄毛の頭皮に効果がある!?という噂をご存知ですか?事実、ごま油には抗酸化作用や血行促進など多くの効果があり、多彩な働きが期待されています。ここでは、ごま油の育毛成分や効果的な使用方法についてたっぷりお伝えしていきます。
2017年6月29日
タバコを吸うとハゲる。喫煙者にとっては信じたくないことかもしれませんが、このタバコと薄毛の関係についてはどうやら本当のようです。ここでは、どうしてタバコを吸うとハゲてしまうのか、その原因を解説しています。タバコの危険度を知ったらあなたも禁煙したくなるかも?
2017年6月29日
ウーロン茶に薄毛効果があるってホント!?学会で、とある毛髪クリニック企業が正式に薄毛へのウーロン茶の有効性について発表したのです。一体薄毛にどんな効果があるのか、またどんな方法で使用するのか見ていきましょう。
2017年6月26日
もっと読む
甘酒は飲む点滴。それは薄毛にとっても当てはまります。甘酒を飲んで薄毛が濃くなってきたという人も多くいます。ここでは、甘酒がなぜ薄毛に効果があるのか、その成分を解き明かし、甘酒の薄毛への効果の秘密をお伝えしていきます。
2017年6月26日
正しいヘアケアだと自分では思っていても、案外その方法が間違っているというのはよくある話です。誰もが羨む美しい髪を作るために、実は自宅でもできる方法がありました。今のあなたのヘアケアが正しいかどうかを見直してみませんか?美髪になりたい方必見です!
2017年6月19日
育毛温泉キャップのことを知っていますか?実はこれ、薄毛への効果がスゴイといま口コミで噂になっている商品なんです。なんだか怪しいと思ったあなたも、この記事で育毛温泉キャップの仕組みや効果をきちんと知ったら考えが変わるかも!?
2017年6月16日
アミノ酸シャンプーの効果は頭皮に優しいってホント?いま薄毛や抜け毛で悩んでいる人にも自信を持っておすすめできるアミノ酸シャンプー。ここでは、アミノ酸シャンプーのことを徹底的に調査し、その魅力についてお伝えしています。
2017年6月16日

育毛剤は効果がない!と思っている方へ

薄毛の改善には育毛剤!って宣伝よく見かけるけど、育毛剤って本当に効果はあるの?育毛剤の値段は決して安いわけではないから、実際に買って試してみるのにも相当勇気がいる…。


こんな風に思っているアナタへ。正直に現実をお伝えします。
たくさんあって決められない!と迷っているだけじゃ、日に日に薄毛が進行していくだけ!!


薄毛の対策はとにかく早く始めることが大切。時間もお金もかけてわざわざ色々な育毛剤を試している余裕なんてありません。
そこで、ヘアトニックラボがアナタの代わりにあらゆる育毛剤を徹底的にリサーチしました。そこで得た結果をまとめて、本当に効果のある育毛剤の見極め方を教えます。

アナタの薄毛の進行を食い止めるのは3人の編集部員です
フサ山 お前たち知っていたか?日本人男性の5人に1人はハゲているらしいぞ。
フサ尾 えーっ!ハゲすぎー!
フサ山 かつてはそんなハゲ人口にカウントされていた俺たちだったが、今ではこんなにフサフサの髪になった!では俺たちはなぜフサフサ革命を起こせたのか?フサ倉、説明を頼む。
フサ倉 がんばったからです。
フサ山 アバウトすぎる!
フサ倉 とりあえず人気育毛剤を片っ端から試しまくったからですか?
フサ山 聞くなよ!
…ゴホン。俺たちヘアトニックラボ編集部は「効率的に薄毛対策したい!だが金はない!」というアナタに、正しい育毛剤の選び方を推奨している。また、「何を使っても効果がない」と感じている育毛剤経験者も要注意だ。もしかしたら育毛剤の選び方から間違っているのかもしれないぞ!
フサ尾 あるあるですね。まず自分は何系のハゲなのかちゃんと分かってないと全然効果のない育毛剤を買うハメになりますから。
フサ倉 あと育毛剤にも成分の良し悪しがあるんで、効果のある育毛成分だけでも覚えて帰ってください。
フサ山 よく分かんないからとりあえずオススメの育毛剤教えてくれよ!というせっかちなアナタでも大丈夫。編集部によるリサーチ結果から導き出した、アナタに合った育毛剤を紹介しているぞ。

当サイトはアナタの薄毛を対策するために立ち上がりました。3人の編集部メンバーが力を合わせ、口コミで人気の育毛剤をガチ体験したり、そもそも育毛剤って効くの?薄毛って何なの?なぜハゲる?という疑問に答えたりしています。
文字を読むのが面倒な人は、この3つのステップ順に辿っていくべし!

失敗しない育毛剤を選ぶための3つのステップ

育毛剤を頭皮タイプで選ぶために!それぞれの特徴を解説

育毛剤は、ネット上では怪しいものがいっぱい売られています。どれも効果があるように思いますが、実際には全く効果を感じられないという声が多数。中には、育毛剤を使用して抜け毛が増えたなんてことも…!そんな失敗を踏まないために、最初に育毛剤にはどんな種類があるのか解説します。

一見同じように見える育毛剤だけど、脂っぽい頭皮の人には皮脂分泌抑制タイプ、毛が細めの人には毛母細胞活性タイプといった感じで、実はそれぞれの特徴があるんです。

必読!5つの育毛剤タイプ

皮脂分泌抑制タイプ
・皮脂は必ず分泌されるもので、男性ホルモンに影響され発生する
・過剰分泌されると炎症を起こし、皮膚の乾燥やフケが発生し髪の毛が生えにくい頭皮環境になる
・皮脂分泌抑制タイプの育毛剤は、髪の生えやすい頭皮環境を整える

皮脂は、ニキビなどと同様に男性ホルモンに影響されて発生するため、男性の頭が女性に比べてべたべたしがちなのは、これが原因です。 頭皮を守るために適度な量の皮脂は必要ですが、一方で皮脂が過剰に発生するとかゆみ、炎症に繋がり、髪の毛が生えにくい頭皮環境を作ってしまいます。
皮脂分泌抑制タイプの育毛剤は、過剰な皮脂の分泌を抑え頭皮環境を整えます。

頭皮の脂っぽさで悩む人にオススメ。


チャップアップ

ポリピュア

ブブカ

毛母細胞活性タイプ
・頭皮に栄養を与える
・毛髪を作るのに必要な栄養素を毛母細胞に与え脱毛予防
・毛母細胞活性タイプの育毛剤は毛母細胞を活性化し、元気な太い髪の毛を作る

毛母細胞とは、毛の母という字のごとく、毛が生えてくる大元の部分のことを示します。細胞は分裂・増殖を繰り返すことで成長しますが、それらの動きが鈍くなるとヘアサイクルに影響を及ぼします。
毛母細胞活性化タイプは細胞の分裂・増殖を活性化させ、正しいヘアサイクルに戻し、余計な抜け毛を防ぎ髪の毛を強く育てる効果がある育毛剤です。

毛髪の細さで悩む人にオススメ。


チャップアップ

ポリピュア

男性ホルモン抑制タイプ
・男性ホルモンには良性と悪性があり、AGAの原因の多くは悪性男性ホルモンによるもの
・悪性の男性ホルモンは髪の毛の成長を阻害し、細く抜けやすい髪の毛になってしまう
・男性ホルモン抑制タイプの育毛剤は良性男性ホルモンを悪性に変える物質DHTを抑制し、髪の毛の成長を促進する育毛剤

男性ホルモンはテストステロンという物質で構成されています。このテストステロンは良性と悪性のものがあり、悪性のテストステロンになると髪の毛の成長を阻害する動きがあります。
男性ホルモン抑制タイプの育毛剤は、頭皮環境、毛髪育成環境を整えます。

生え際や頭頂部の薄毛で悩む人にオススメ。


プランテル

ブブカ

頭皮保湿タイプ
・頭皮の乾燥により、かゆみや炎症、フケが出やすくなる
・乾燥状態が続くと皮脂が過剰に分泌され頭皮環境が悪化し髪の毛が抜けやすくなってしまう
・頭皮保湿タイプの育毛剤は頭皮の乾燥を押さえ、皮脂分泌を適切にし、毛が生えやすい環境を作る育毛剤

頭が乾燥すると、かゆみ、そこからの炎症、ふけが出やすくなるなど様々な影響を与えます。
頭皮は、毛が生えるための大事な土台です。頭皮保湿タイプの育毛剤を使用することで、頭皮の乾燥を押さえ、皮脂分泌を適切にし、毛が生えやすい環境を作ることが出来ます。

フケやかゆみ、乾燥による薄毛で悩む人にオススメ。


イクオス

M-1ミスト

血行促進タイプ
・血液によって毛髪に必要な栄養素が運ばれる
・生活環境やストレスなど、原因は様々だが、頭皮に直接散布することにより血流改善することができる
・血行促進タイプの育毛剤は必要な栄養素を頭に届けて、髪の毛を適切に生えさせることを目的とした育毛剤

髪の毛はたんぱく質で出来ています。髪の毛のために必要なたんぱく質を運ぶが血液で、血行促進タイプの育毛剤は、必要な栄養素を頭に届けて、髪の毛を適切に生えさせることを目的とした育毛剤です。
運動不足やストレスなどが溜まると、血行不全が起こりがちなので、血行促進タイプで頭皮に必要な栄養素を正しく循環させましょう。

頭皮の硬さが原因による抜け毛で悩む人にオススメ。


チャップアップ

ナノアクションD

育毛剤を買う前に!あなたの頭皮の状態はどのタイプ?

育毛剤の種類は大きく分けて5つ。自分が持っている頭皮や薄毛の悩みのタイプに合わせて、適切な育毛剤のタイプを選択していくことが重要です。


例えば、ふだんから頭がギトギトで脂っぽいのが気になる人には、皮脂を抑制する働きに期待できる育毛剤を。フケやかゆみには頭皮を保湿する育毛剤を…という感じ。
自分の頭皮タイプに合わせて育毛剤を選ぶためには、自分の頭皮タイプ(または薄毛のタイプ)を先にチェックしていこう!

育毛剤の成分を知る!医薬品と医薬部外品の違いとは?

育毛剤は主に『医薬品』と『医薬部外品』に分かれています気にせずに使う人も多いですが、どちらに分類されるかで性能も異なります。

育毛剤を使って理想の効果を得るには、こうした違いもチェックしないといけません。

育毛剤の良い・悪いを決めるのは配合されている成分。効果のある薄毛対策をする上で必要不可欠な医薬品と医薬部外品の違いと、育毛剤に含まれる育毛成分とはどんなものか?を教えます。

医薬品と医薬部外品の定義について

医薬品と医薬部外品の違いは薬事法(薬や化粧品に関わる法律)によって定められており、成分や効能によって分類されます。
薬事法における医薬品と医薬部外品の分類を分かりやすく説明すると、以下のようになります。

医薬品

特定の病気を予防もしくは治療が可能な製品であり、これに含まれる成分はその有効性が厚労省に認められています。効果が強いものの副作用が確認されていることも多く、購入の際は説明や通院が必要です。主に病院で医師が処方してくれる薬や、一部の薬局やドラッグストアで購入できる製品もあります。

医薬部外品

特定の状態に効果を発揮する成分が含まれているものの、医薬品に比べると作用が緩やかであり、副作用も出にくくなっています。
医薬部外品に分類された製品は購入が容易であり、ドラッグストアだけでなく通販などで買えるものが多いです。

医薬品に分類される育毛剤の成分

医薬品に分類される育毛剤は、以下のような成分を含むことが多いです。

  • ミノキシジル
  • フィナステリド

上記の成分は発毛効果が確認されており、これらが含まれていると『医薬品として薄毛を治療できる製品』と認められます。
育毛に関わる研究も日進月歩であり、同じように発毛が確認された成分も登場していますが、医薬品として認められたものはまだ少ないです。したがって、「効果の強い育毛剤が欲しい!」と考えるなら、選択肢は狭まるかもしれません。

医薬品に分類される育毛剤のメリットデメリット

医薬品として認められた育毛剤には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

・発毛による薄毛の改善が可能

・多くの人が発毛効果を実感している

デメリット

・副作用が起きやすい

・製品によっては病院での処方が必須

すでに髪が生えてこなくなった部分でも生やす力があるように、その効果は強くとても実感しやすいです。現に多くの人が「この製品で治った!」と評価しており、これから購入する際は心強く感じるでしょう。
しかし、効果の強い薬は副作用が起きやすいように、医薬品の育毛剤も副作用が起きやすくなっています。必ず起きるわけではありませんが、医薬部外品に比べると副作用を訴える声も多く、慎重に扱わないといけません。

医薬品はこんな人にオススメ
  • すでに生えてこない部分も多い人
  • 医薬部外品の育毛剤では十分な効果が得られなかった人
  • より確実に発毛効果を実感したい人

ハイリスクハイリターンな印象も強い医薬品の育毛剤ですが、このような人は使う価値があります。とくに「薄毛を放置していたら、ツルツルの生えなくなった部分が増えてしまった…」という人には、医薬品の強い効力が必要です。
医薬品として認められた育毛剤なら、薄毛が進行していても諦めることはありません。かつての豊富な髪を取り戻すため、使用を検討してください。

医薬部外品に分類される育毛剤の成分

続いて医薬部外品に分類される育毛剤ですが、以下のような成分を含むことが多いです。

  • センブリエキス
  • ジフェンヒドラミンHC
  • エビネ蘭エキス
  • グリチルリチン酸
  • 海藻エキス

上記の成分は効果が認められているものの、医薬品ほどの直接的な効果はありません。こうした緩やかに作用する有効成分を含むことで、『医薬部外品として薄毛を改善できる製品』と認められるのです。効果を疑うかもしれませんが、医薬部外品の育毛剤にも十分なメリットがあります。

医薬部外品の育毛剤のメリットデメリット

医薬部外品として認められた育毛剤には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

・副作用が起きにくい

・体への負担が少なく年齢制限のない製品もある

・ドラッグストアや通販で手軽に買える

デメリット

・薄毛が進行しすぎていると効果が期待できない

・医薬品に比べると効果を実感しにくい

長く付き合うことになる育毛剤において、副作用が出にくいのは大きなメリットです。手軽に購入できる製品も多いため、薄毛が気になったらすぐにでも対策がスタートできるでしょう。
ただし、薄毛が進行してツルツルになっていると、十分な効果が出せません。緩やかで負担が少ない分効果も実感しにくいため、医薬品以上に長期利用が必要です。

医薬部外品はこんな人にオススメ
  • まだ髪はあるけど薄くなってきた人
  • シャンプーやブラッシングでの抜け毛が増えてきた人
  • 生活が不規則で髪に栄養が足りない人

医薬品に比べてローリスクローリターンな医薬部外品の育毛剤ですが、このような人ならおすすめです。副作用の心配が少ない分、『薄毛が気になってきた初期段階』でも気軽に使えるのがうれしいですね。
医薬部外品の育毛剤には髪に必要な栄養を多数配合した製品も多いため、「髪に必要な栄養がなかなか摂れない…」という人も、予防のために利用できます。

医薬品よりも医薬部外品の育毛剤が人気!

どちらの育毛剤であっても独自の強みがありますが、薄毛を治したいならまずは『医薬部外品の育毛剤』から使いましょう。その理由は以下の通り。

・購入しやすく手軽にスタートできる
・副作用が起きにくく一生涯の利用でも安全性が高い

医薬品の育毛剤は通院や処方箋が必要になるケースも多く、副作用も起きやすいため、長く使うには不安要素も多いです。しかし医薬部外品であれば通販やドラッグストアでも気軽に購入でき、副作用が起きにくいため、育毛剤で効果を出すために重要な『長期利用』でも安心です。薄毛が進みすぎていると効果が出にくくなるので、薄毛対策は早いうちに、医薬部外品の育毛剤から使っていきましょう。

【育毛剤の注意点】複数併用しても平気?匂いやべたつきは大丈夫?

初めて育毛剤を使用するときは、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?例えば、育毛剤は複数の商品を併用しても大丈夫なのか、育毛剤には匂いやべたつきがあるのかなど、育毛剤に関しての疑問はたくさんあります。快適な頭皮ケアのためにも、これからお伝えする育毛剤の注意点を参考にしてください。

どの育毛剤が一番オススメなのか?それは単純に価格の安さや知名度だけじゃなく、本当に毎日使い続けることができるのかどうかにもかかっている!育毛剤選びの基礎知識として、以下を把握しておこう。

育毛剤を使用するときに知っておくべき3つの注意点

育毛剤は抜け毛や薄毛の予防だけでなく、髪の毛の成長を促進させる効果があると言われています。しかし、そんな便利な育毛剤を活用するにあたって知っておくべき点があるのです。特に、初めて育毛剤の使用を検討されている方は、育毛剤を正しく使用するためにも注意事項を把握しておきましょう。

複数の育毛剤を併用するのはNG

しかし、複数の育毛剤を併用することは好ましいことではありません。なぜなら、育毛剤のメーカーは他社の商品と一緒に使うことを想定していないからです。そのため、複数の育毛剤を同時使用することによってどのようなトラブルが起こるかは、すべて自己責任になります。育毛剤の併用によって考えられるトラブルは、成分の効果をお互いに打ち消し合う恐れや頭皮の炎症など。育毛剤の複数使用は控えた方が無難です。

規定回数より多く使用しても効果は変わらない

育毛剤は、量を増やせば増やすほど効果を実感できるというものではありません。1本あたりの量や1日あたりの使用回数を増やしても、期待できる効果はまったく変わらないことを頭に入れておきましょう。また、育毛剤を規定回数よりも多く用いることは、頭皮の炎症による肌トラブルや副作用のリスクも生じます。育毛剤に記載されている回数と量を必ず守りましょう。

育毛剤の効果がないと感じたら、医療機関へ

抜け毛や薄毛の状況によっては、育毛剤を使用しても症状が一向に改善されず、それどころか悪化してしまうこともあります。市販の育毛剤で対処できないと感じたらすみやかに医療機関への受診を検討しましょう。もしかしたら思わぬところに抜け毛や薄毛の原因が隠れているかもしれません。困ったときには医師に相談し、適切な治療を受けてください。

見落としがち!育毛剤の匂いは目立つ?

育毛剤の匂いは、種類によってはさまざまです。育毛剤に配合された成分の中には、独特な匂いを持つ成分があります。この独特な育毛剤の匂いに加え、自分の体臭や香水の匂いが混じれば、さらに強い香りを発してしまうかもしれません。

育毛剤は薬品のため、匂いがする製品は多いです。髪の毛の成長や抜け毛、薄毛予防のために必要な有効成分が配合されているからこそ、独特な匂いが生じてしまいます。また、匂いの強い育毛剤を使用していることで、周りの方に不快な思いをさせてしまっているのではないかと、不安になる人もいます。
そのようなときにおすすめなのが、匂いが気にならない育毛剤です。匂いが気にならない育毛剤には、「無添加・無香料」と記載されている製品が多いため、育毛剤を選ぶときの参考にしてください。

どうしても育毛剤の匂いが気になるときは…

育毛剤の匂いが気になるときに、チェックすべき点があります。それは「使っている育毛剤に、匂いのする成分が含まれているか」「育毛剤の使用量が多すぎていないか」です。育毛剤に含まれている有効成分の中には、強い匂いを発するものがあります。例えば、アルコール(エタノール)や香料、生薬です。どうしても育毛剤の匂いに耐えられない状態になってしまったら、別の有効成分が入った育毛剤に変えることも1つのにおい対策です。
また、育毛剤の使いすぎが原因で匂いが気になっている場合は、育毛剤の使用量を適切な分量に変更しましょう。育毛剤はつければつけるほど頭皮の環境が良くなるわけではありませんし、育毛剤を大量に使うことでシャンプーするときに落としきれず、匂いが頭皮に残ってしまう可能性があります。育毛剤の匂い改善や育毛効果を十分に発揮させるためにも一度、育毛剤の使い方を見直してください。

なぜ?手にべたつく育毛剤の特徴

育毛剤には、水のようにサラサラしているタイプやとろみのついたタイプなど、さまざまな種類があります。育毛剤でべたつきを感じるのは、とろみのついた育毛剤でしょう。とろみのついた育毛剤は頭皮につけたとき液がたれにくいため、有効成分が必要な部分にとどまりやすいというメリットがあります。


一方、人によってはとろみがついていることで髪の毛にべたつきを感じやすく、使用感の好みに違いが出るところです。そのため、頭皮が脂っぽい方はべたつきを防ぐためにも、サラサラしたタイプの育毛剤を使用してはいかがでしょうか。

使用中の育毛剤のベタつきが気になる時は…

育毛剤のべたつきが気になる場合は、育毛剤のタイプを別のものへ変える、という手があります。特に、とろみがあるタイプの育毛剤を使用しているのであれば、サラサラしたタイプの育毛剤に変更したらべたつきが気にならなくなるかもしれません。

また、育毛剤を使い始めて間もないからすぐには切り替えができない、という方は育毛剤の使用する量を再度確認しましょう。いつもより気持ち少なめに育毛剤を使うだけでも、髪の毛のべたつきは気にならなくなります。


育毛剤には、たくさんの種類があります。だからこそ、どの育毛剤が自分にとって最も効果を実感できるのか、実際に使ってみなければ分かりません。

「さまざまな種類の育毛剤を、1つずつ試す期間を確保するのは難しい」という理由で、複数の育毛剤を並行して使用したいと考える方も少なくないでしょう。他にも、育毛剤を購入したけどすぐに別の商品を試したくなり、捨てるのはもったいないから両方使っているというケースもあります。

毎日ストレスなく使い続けられる育毛剤を!

納得のいかない育毛剤を使い続けることこそ、薄毛の進行を促してしまう結果へと繋がります。もちろん価格や効果、品質の良さ、安全面も重要視したいポイントですが、何よりストレスなく毎日使い続けられる育毛剤かどうかも重要です。ヘアトニックラボ編集部によるガチ体験レポートで、実際の使い勝手の良さをチェックしてください。


育毛剤を使い始めるベストなタイミングと正しい使い方

最初に結論をまとめると、『育毛剤はできるだけ早い段階で、髪のあるうちに使うのがベストタイミング』だと言えます。
たとえば「まだ若くて髪はあるけど、薄くなってきたから育毛剤を使おう」という人と「まだ若くて髪はあるし、ハゲてから育毛剤を使おう」という人がいた場合、育毛剤が力を発揮するのは前者です。
なぜ育毛剤は早めのタイミングで使うべきなのか、これより少し掘り下げて説明します。

育毛剤で薄毛を防ぐなら、『効果を引き出す使い方』や『使用すべきタイミング』が大切です。育毛剤の効果を実感できない人は、そうした点を疎かにしているかもしれません。

今回は育毛剤の使用でありがちな「いつ使えばいいの?」とか「何歳から使えるの?」といった疑問に答えていきますので、育毛剤のベストな使い方を学びましょう。

年齢制限はなし?若いうちから使える育毛剤

育毛剤を使用するのは30代以降の人が多く、若い人は「薄毛が気になってきたけど、今は使えないかも…」と勘違いしやすいです。若くして薄毛に悩むのに育毛剤を使えない人は、以下のような考えを持ちやすいでしょう。

  • 「育毛剤は年齢制限が厳しそう…」
  • 「育毛剤を使っていることがバレたらどうしよう…」
  • 「若いうちに使うと逆効果かも…」

しかし、それらは間違いです。育毛剤には年齢制限を設けていない製品もあり、10代や20代からでも使えるものがあります。
また、「育毛剤を使っていることがバレたくない!」という気持ちも理解しているのか、多くのメーカーは育毛剤に余分な匂いをつけず、バレる可能性は低いでしょう。
若くして薄毛に悩む場合、そのまま放置すると30代や40代では深刻な状態になるため、何歳からでも育毛ケアを開始してください。

一部の育毛剤には年齢制限あり

年齢制限のない育毛剤がある一方、『明確に年齢を制限している育毛剤』も存在します。
とくに多いのが『20歳以上の方がお使いいただけます』という製品で、10代のうちは選択肢が限られやすいでしょう。もしも高校生や大学生のうちからケアしたい場合、必ず年齢制限を確認してください。
なお、10代のうちは20代や30代よりも薄毛が進行しにくいです。生活習慣の改善やストレスの解消など、日常生活の見直しでも薄毛を防ぎやすいので、そうしたケア方法も覚えておきましょう。

育毛剤を使い始める年齢のまとめ

・育毛剤には10代や20代でも使える製品がある

・年齢制限のある育毛剤も存在する

・育毛剤を使った本格的なケアは20代から30代のうちにスタートしよう

ツルツルだと手遅れ?育毛剤は早めに使おう

薄毛の進行を放置した場合、『髪が生えなくなってツルツルになった部位』が出てきます。この状態になってから「そろそろ育毛剤を使わないと…」と考えるかもしれませんが、それでは遅いです。
育毛剤は『まだ髪が残っている部位』に塗布することで、薄毛の進行を阻止できます。ツルツルになった部位では髪を育てるのが困難であり、本来の役目が果たせないのです。
ツルツルになるまで放置した場合、専門のクリニックに通って発毛剤を処方してもらったり、カツラを作って誤魔化したりするしかありません。育毛剤を使うなら、とにかく早めのタイミングを意識しましょう。

髪があるうちに使いたい育毛剤

育毛剤は早めのタイミングが好ましいのですが、「使い始めの目安はあるの?」と気になりますよね?
そこで、『髪はあるけど育毛剤の使用を検討したい状態』をいくつか挙げていきます。

  • 軟毛になって髪がすぐにへたる
  • 髪の生え際が後退してきた
  • 全体的ではなく部分的に髪が薄くなってきた
  • シャンプーしたときに抜け毛が目立つ

こうした状態は薄毛の初期段階であり、『髪が弱く抜けやすくなっている』のです。
これ以上進行する前に育毛剤を使うと、弱い髪から強い髪に生え替わり、早い段階でフサフサの状態に戻れるでしょう。

育毛剤を使い始めるタイミングのまとめ

・育毛剤は完全に生えてこない部位には力を発揮できない

・髪があるうちに使えばフサフサに戻せる

・髪が弱くなった段階で使うのがベスト

頭皮が清潔になったタイミングで育毛剤を使うべし

育毛剤を購入したら、『1日のうちで使うべきタイミング』を覚えるようにしましょう。これは製品によって若干異なる場合がありますが、多くの育毛剤で共通しています。
育毛剤は『頭皮が清潔になったタイミング』がもっとも効果的です。つまりはシャンプー後に髪を乾かした直後で、このタイミングで塗布すると育毛成分が浸透しやすいでしょう。
頭皮の皮脂は時間経過と共に増えるため、長時間放置してから塗布すると、成分が届きにくくなります。皮脂も髪を守るために必要ですが、育毛剤を使うなら早めを意識してください。

1日2回なら夜と朝がおすすめ

1日1回でいい場合、シャンプー後で問題ありません。しかし、育毛剤は『1日2回塗布してください』と書かれた製品が多いため、「シャンプー後の次はいつ使うの?」と気になるでしょう。
1日2回の育毛剤を使うなら、シャンプー後の次は『翌朝』がおすすめです。起床直後ならまだ汚れも少ないため、育毛剤の成分も浸透しやすいでしょう。イメージとしては『シャンプー後に塗布した成分が寝ている間に浸透し、翌朝にもう一度塗布することで夜までの成分が補充できる』といった具合ですね。

なお、「朝にもう一度シャンプーすればもっと効果が出るのでは?」と思うかもしれませんが、シャンプーの回数を増やすと皮脂を落としすぎてしまい、過剰な分泌を促します。これは育毛において逆効果なので、シャンプーは1日1回で十分です。

育毛剤を塗布するタイミングのまとめ

・育毛剤はシャンプー後と翌朝の1日2回がおすすめ

・皮脂が多い状態で塗布すると効果が出にくい

・育毛剤を塗布するためにシャンプーの回数を増やすのは逆効果

育毛剤の使い方で説明されるマッサージとは?

育毛剤の説明書には、製品毎に異なった使い方が記載されています。そして多くの製品で推奨されているのが、『育毛剤を塗布したあとのマッサージ』ですね。
このマッサージは頭皮マッサージとも呼ばれ、育毛剤を浸透させるだけでなく、血行改善にも役立ちます。その基本については、以下をご参照ください。

1.育毛剤を薄毛が気になる部位に塗布する

2.指の腹を当てるようにし、円を描くように揉みほぐす

3.これを5分ほど続けると効果的

この際は『育毛剤を頭皮に染み込ませる』とイメージすれば、力加減も意識しやすいでしょう。なお、「育毛剤を使ったら垂れてきた…」という人は、マッサージが不足しています。『育毛剤が垂れずに頭皮に浸透した状態』を目指し、ゆっくりと優しく揉んでみましょう。

間違ったマッサージは育毛の邪魔に?

育毛のためにマッサージをしていると、つい力が入りすぎるかもしれません。ですが、以下のような『間違ったマッサージ方法』は、育毛の邪魔をするでしょう。

  • ブラシを使って頭皮を刺激する
  • 強い力で揉む
  • 爪先を当てる

とくに『ブラシでトントン』は有名ですが、これは頭皮を傷つける可能性が高く、傷が発生すれば血液で毛根が埋まってしまいます。それに薄毛の人は髪が抜けやすくなっているため、強い力で揉むと抜け毛が増えるでしょう。マッサージに力は不要なので、とにかく優しくしてください。

育毛剤に役立つマッサージのまとめ

・育毛剤を塗布したあとはマッサージすると浸透しやすい

・基本は指の腹で優しく揉みほぐす

・ブラシなどを使った刺激の強いマッサージは逆効果

注目!色々な育毛剤のカタチ

育毛剤と言えば頭皮に塗布するタイプがメジャーですが、一風変わった使い方をする製品もあります。
たとえば『プロペシア』は飲む育毛剤であり、経口摂取にて育毛効果を発揮します。飲むタイプの育毛剤だと、塗布するタイプと違った利点があるでしょう。

  • 胃薬などと一緒にサッと飲める
  • 人前で飲んでも育毛剤を使っているとバレにくい
  • 効果が現れやすい

プロペシアのような錠剤だと育毛剤には見えず、場所を選ばず手軽に服用できるのがうれしいですね。
育毛剤と言えば塗布するとばかり考えますが、こうした使い方の製品もあると覚えておきましょう。

まずは普通の育毛剤がおすすめ

飲むタイプの育毛剤と頭皮に塗布するタイプの育毛剤を比較した場合、まずは塗布するタイプを使うのをおすすめします。その理由ですが、塗布するタイプには以下のような利点があるからです。

  • 副作用が出にくい
  • 簡単に購入できる製品が多い

飲む育毛剤は体中に成分が浸透するので効果が出やすいものの、それは副作用も起こしやすいというリスクを抱えています。
塗布する育毛剤なら経口摂取よりも浸透が緩やかで、副作用がかなり出にくいです。それに自宅で朝晩のみ使う場合、人にバレる可能性も低いでしょう。
育毛剤は長く使うことが大切なので、副作用の起きにくい製品から使うのが安心ですね。

飲む育毛剤のまとめ

・育毛剤には飲むタイプもある

・飲むタイプは効果が出やすく手軽に使用できる

・塗布するタイプは副作用が出にくく安全性が高い

育毛剤を使うなら製品毎の説明を読もう

育毛剤の使い方と利用タイミングについては、今回説明した通りです。しかし、育毛剤の研究は日進月歩で進められており、今後も変わった製品が出てくるかもしれません。

これから育毛剤を使う場合、今回説明した基本も大切ですが、『自分が使う製品の説明書』も読みましょう。基本こそ同じであっても、ほかの育毛剤とは違う点もあります。

きちんと製品毎の説明を読まない場合、効果が出なかったり、副作用が出やすくなったりします。育毛剤を安全に、そしてベストなタイミングで使うなら、どんな製品も使い方を理解してから始めましょう。

育毛に役立つ豆知識!ヘアトニックラボのオススメ記事

薄毛を対策するためには、育毛についての知識を深めるところから!育毛に関するあらゆる情報をチェックしよう。

該当 {{(htmldata| filter:query).length}} 
{{data.json_hairtonic_copy_txt}} {{data.json_hairtonic_name}}

価格 {{data.json_hairtonic_price_txt}} 返金保証 {{data.json_hairtonic_hosho}}
添加物・香料 {{data.json_hairtonic_tenkabutsu}} スプレータイプ {{data.json_hairtonic_spray}}
  • {{data.json_hairtonic_point_txt01}}
  • {{data.json_hairtonic_point_txt02}}
  • {{data.json_hairtonic_point_txt03}}
該当 {{(htmldata| filter:query).length}} 
当サイトひとつで育毛のことが丸わかり!
フサ山

お前たち、育毛に重要なことは誰よりも早く育毛ライフをスタートさせることだぞ!いいな!

フサ倉

いやいや、矛盾してません?前々から疑問でしたけど「育毛は早く始めろ」だの「育毛剤選びは慎重に」だの、一体どっちなんですか?

フサ尾

そうだそうだー!

フサ山

いいや矛盾などしていない!育毛は早く始めなければ意味がないが、かと言って何の育毛剤でもOK!というワケでもないぞ。お前たちだって、そうやって急いで育毛剤を選んだがゆえに失敗した経験があるだろう?

フサ倉

まあそうですね。ドラッグストアで人気No1の育毛剤を使ってみたら女性用でした。

フサ山

せっかちすぎ!大体パッケージで分かるだろ!

フサ倉

男女兼用でもなかったので残りは母にあげたんですけど、特に変化がなかったらしくてなぜか僕にクレームが来ました。

フサ山

理不尽!だがそれで学んだだろう、そもそも自分の頭皮の質や髪質やハゲ方のタイプに合っているものを使わなきゃ無意味なんだ。それを知らずに効かない効かないと思いながら使い続けていると…どうなると思う?

フサ尾

取り返しのつかないハゲになります!

フサ山

その通り!!

フサ倉

なるほど。だからあまり悩まず最適な育毛剤を選べるよう、僕たちがオススメの育毛剤をてっとり早く教えてあげるんですね。

フサ山

そうだ、悩みはハゲの天敵だからな。

フサ尾

うわ~僕もハゲる前に知りたかったです!

より効率的な薄毛対策のために、最初の育毛剤選びで妥協することはもっともNGな行為。
「よく分からないから安い育毛剤でいいや」と手を抜くのはご法度なんです。自分の頭皮タイプ、薄毛のカタチや進行具合に合わせて育毛剤を選ぶことで初めて、本当に意味のある薄毛対策となるのです。失敗のない育毛ライフを!

 

ピックアップ

ページのトップへ