効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    育毛剤と発毛剤の違いはどこ?髪の状態によって使い分けよう!- 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ

育毛剤と発毛剤の違いはどこ?髪の状態によって使い分けよう!- 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ


育毛剤と発毛剤の違いと髪への影響

育毛について調べていると、『育毛剤』と『発毛剤』の違いが気になるでしょう。どちらも同じ製品として扱う人もいますが、実は双方に明確な違いがあり、自分の状態によって必要なほうが異なります。

髪についての悩みがあるなら、育毛剤と発毛剤の違いを理解し、どちらを選ぶか考えてみましょう。自分にとって必要なほうを使えば、効果も期待できます。

髪への影響?育毛剤と発毛剤の違いはなに?

結論から言えば、育毛剤と発毛剤の違いは『髪への影響』です。どちらも薄毛に効果がありそうですが、薄毛にもパターンがあるように、育毛剤がいいか発毛剤がいいかは目的によって異なるでしょう。

かいつまんで説明すると、育毛剤と発毛剤は以下のような働きがあります。

育毛剤の働き

今から生える髪を強く抜けにくい状態に育てる

発毛剤の働き

すでに髪が生えなくなった部位に発毛を促す

これより双方の特徴をさらに詳しく説明するので、「自分にはどちらがいいんだろう?」と気になっている人は、ぜひ参考にしてください。

育毛剤で髪が生える?含まれているとその効果は

前述したように育毛剤の働きは、これから生える髪を抜けずらい状態にする事で育毛する為のものです。

育毛剤に含まれる代表的な成分とその働きはどんなものかをまとめました。

  • センブリエキス(頭皮の血行促進)
  • グリチルリチン酸(頭皮の殺菌)
  • ジフェンヒドラミンHC(頭皮の炎症防止)

成分によって作用は異なりますが、どれも強い髪が生える環境を整えるために必要で、人気の育毛剤には含まれていることが多いです。

そんな育毛剤の利点と欠点について、チェックしてみましょう。

3つ利点が育毛剤にはある

育毛剤の利点については、下記のようになります。

育毛剤の利点

・副作用が起きにくい

・ドラッグストアや通販などで手軽に買える

・髪があるうちに使えば自然にフサフサな髪に戻せる

育毛剤は即効性がないものの、頭皮に緩やかに作用するため、体への負担が少なく副作用が起きにくいです。副作用が起きやすいと逆に薄毛が加速するため、安全性の高さはうれしいでしょう。

また、髪が抜けきる前に使えば、自然にフサフサな髪へと戻せます。カツラなどはバレる可能性が高いですが、育毛剤による薄毛改善は他人にバレにくく、人目が気になりません。

育毛剤を使用する場合、早めに使うのがポイントですね。

育毛剤の欠点について

育毛剤にも利点だけでなく、欠点があります。

育毛剤の欠点

・髪が完全に生えない部位には効果がない

育毛剤は『薄毛が進行して完全に生えなくなった部位』には効果が期待できず、使っても無駄になりやすいです。髪が抜けきっているかどうかは、育毛剤を使う上で意識しましょう。

こんな人に育毛剤はおすすめ!

以上を踏まえた場合、『育毛剤をおすすめできる人』は下記の通りです。

  • 頭皮が脂っぽい人
  • 毛髪が細くすぐにへたるようになった人
  • 生え際・頭頂部が気になる人
  • フケ・かゆみ・乾燥が気になる人
  • 頭皮が硬い人

こうした状態ならば育毛剤で対応しやすく、できるだけ若くて早いうちから使うのがベストです。今は10代や20代から育毛剤を使う人も多いため、薄毛が気になったら年齢に関わらず検討しましょう。

育毛剤で強い髪を復活させ、いつまでも若々しい頭髪を維持してください。

発毛剤の成分は『発毛』を促す効果があるもので構成されている

発毛剤に含まれる主な成分は、以下の通りです。

  • ミノキシジル
  • フィナステリド
  • キャピキシル

上記の成分の働きは全て『発毛を促す効果』になっており、これらが含まれているかどうかで発毛剤かどうかが決まるでしょう。

なお、発毛を促すメカニズムはまだ研究中であり、『本来は直接発毛に影響しないが、投薬の結果として発毛が認められた成分』もあります。育毛剤に比べると、発毛剤はまだまだ発展途上ですね。

発毛剤がおすすめできるポイントについて

発毛剤の利点については、下記のようになります。

発毛剤の利点

・すでに生えてこなくなった部分にも発毛を促す

・より多くの人が効果を実感しやすい

・病院で処方してもらう場合は医師のアドバイスも受けられる

すでに髪が生えずツルツルになった部位でも、発毛剤ならば髪を生やせる可能性があります。これは育毛剤と大きく異なる点であり、「育毛剤では効果がなかった…」という人でも期待できるでしょう。

また、発毛剤は医薬品に分類されるため、病院での処方が必要になる製品もあります。そうした製品の場合は医師の指導を受けながら使用するため、発毛に役立つアドバイスがもらえるでしょう。

このように、効果も実感しやすい発毛剤ですが、注意したい点もあります。

発毛剤の欠点について

育毛剤の上位互換に見える発毛剤ですが、欠点もあります。

発毛剤の欠点

・効果が強い分副作用が出やすい

・病院で処方してもらう場合は手間がかかる

本来なら生えない部分にも生やす発毛剤は体への負担も大きく、副作用が出やすくなっています。育毛剤でも副作用を感じる人はいますが、発毛剤に比べてとても少ないです。

発毛剤を使うならこまめに状態を観察し、少しでも異常を感じたならば、すぐさま利用を中止してください。

こんな人に発毛剤はおすすめ!

以上を踏まえた場合、『発毛剤をおすすめできる人』は下記の通りです。

  • 薄毛が進行してすでに生えてこない部位がある人
  • 生え際がかなり後退した人
  • 育毛剤では効果がなかった人

薄毛の進行を放置する人はとても多く、気付いた頃には育毛剤では手遅れ…そんな人こそ発毛剤を使うべきです。

「育毛剤が効かないなら、もうハゲを受け入れるしかない…」このように悲観している人は発毛剤のことを思い出し、頭髪と前向きな人生を取り戻しましょう。

育毛剤と発毛剤で共通していること

意外と違いの多い育毛剤と発毛剤ですが、共通点もいくつかあります。

  • 効果が出るまでは時間がかかる
  • 一度使い始めたらずっと使うのが基本
  • 途中でやめると元に戻りやすい
  • 体質によって相性がある
  • 生活習慣などの見直しも必要

育毛剤も発毛剤も『とくに効果を実感できるのは半年後』とされており、「全然効果がなかった…」という人は、1ヶ月や2ヶ月しか使っていないケースが多いです。

また、途中でやめると薄毛に戻るため、育毛剤や発毛剤とは一生の付き合いになります。ゆえに体質による相性もしっかりと確認し、「これならずっと使えそう!」と思った製品を見つけましょう。

なお、育毛剤や発毛剤を使っていても、暴飲暴食や寝不足を重ねると薄毛が止まりません。規則正しい生活は髪にもよい影響があるため、薄毛改善は生活習慣から始めましょう。


育毛剤が使えるうちに薄毛を阻止しよう

薄毛を放置すると脱毛が加速し、発毛剤を使うしかなくなります。しかし発毛剤は負担も大きく、副作用が起きれば健康も害するでしょう。

よって、薄毛を改善するなら『育毛剤が使えるうちに使用し、早めに対策を進める』のがおすすめです。育毛剤のほうが負担も少なく、手軽に入手できるため、「まずはこれを試してみよう!」と考える余裕もあります。

育毛剤がダメなら発毛剤を使う可能性もありますが、髪のあるうちなら育毛剤で治りやすいため、薄毛は早めのタイミングで対策しましょう。

使う前に知っておきたい育毛剤の基礎

 

ピックアップ

ページのトップへ