効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    育毛剤で抜け毛が増えた!?知らないと怖い毛が生えるメカニズム- 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ

育毛剤で抜け毛が増えた!?知らないと怖い毛が生えるメカニズム- 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ


育毛剤が抜け毛を減らすメカニズムを説明

育毛剤の抜け毛を減らす効果は大変有名であり、「そろそろ抜け毛も気になるし、使ってみようかな?」と検討する人は多いでしょう。ですが、『育毛剤が抜け毛を減らすメカニズム』についてはご存じでしょうか?

知らなくても育毛剤は使えますが、詳しい作用を知ることで納得して使えますので、今回はそのメカニズムについて説明いたします。

育毛剤を使うなら抜け毛が悪化する前に

育毛剤で抜け毛を防ぐ場合、最初に注意したいのが『抜け毛が悪化する前に使うこと』です。

育毛剤は『抜け毛が進行しすぎて髪が生えなくなった状態』では、十分な力を発揮できません。まだ生える力の残っている部位につけることで、これ以上の悪化を防ぐのが役割なのです。

完全に生えなくなった部位に使う場合、育毛剤ではなく『発毛剤』が必要になります。発毛剤は育毛剤に比べると副作用も起きやすいため、そこまで悪化する前に育毛剤を使うのがポイントですね。

抜け毛が増えてたのは髪が弱くなったから?

抜け毛が増えてしまう理由は『なんらかの原因で髪の成長が止まり、弱い状態のまま抜けるから』です。なぜ髪が弱くなるのかは、主に以下の原因があるからでしょう。

【男性ホルモンの過剰分泌】
男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結合すると、ジヒドロテストステロンに変換されます。このジヒドロテストステロンは髪の成長をストップさせる働きがあり、5αリダクターゼが多い人はジヒドロテストステロンも増えてしまい、抜け毛を増やすのです。

【頭皮の血行不良】
頭皮にも血液が通っており、この流れが正常ならば髪にも栄養が行き渡って成長しやすくなります。しかし、血行不良に陥ると栄養が届きにくくなってしまい、髪の成長も長続きしないでしょう。

【髪への栄養不足】
現代の食生活では塩分や脂質が過多であり、ビタミンや亜鉛が不足しがちです。そしてビタミンや亜鉛は髪を育てる効果があるため、食事に気を配らないと必要な栄養が補えず、髪も育たなくなるでしょう。

この中でもとくに多いのが『男性ホルモンの過剰分泌』であり、AGAと呼ばれる症状はその代表格ですね。

抜け毛が気になる人はこうした理由を把握し、自分と照らし合わせてみましょう。

育毛剤に含まれる主な効果とは?

髪が弱くなって抜け毛が増えても、育毛剤を使えば改善の余地はあります。育毛剤にはさまざまな製品があるものの、主に以下のような効果が含まれているでしょう。

  • 男性ホルモン抑制
  • 血行促進
  • 毛母細胞活性
  • 皮脂分泌抑制
  • 頭皮保湿

とくに有名で人気の育毛剤であれば、こうした効果はほぼ全てカバーしています。

育毛剤を選ぶときはどんな効果を宣伝しているか、それをしっかりと見比べてから選びましょう。上記の効果を謳っていれば、より抜け毛を防ぎやすいです。

育毛剤の利用初期に抜け毛が増える理由

育毛剤は抜け毛を減らすのが役割ですが、利用初期には「育毛剤を使い始めたら、なんだか抜け毛が増えてきた…」という意見も聞こえます。しかし、ここで使用を中止してはいけません。

育毛剤の利用初期に抜け毛が増えるのは、下記の『ヘアサイクル』が関係しています。

成長期(2年から6年ほど継続)

この時期の髪は太く長く成長を続け、健康な状態を保ちます。成長期の髪が多いほどフサフサになり、抜け毛も少ないです

退行期(2週間ほど継続)

この時期の髪は成長が鈍化し、やがて完全にストップします。

休止期(3ヶ月から4ヶ月ほど継続)

この時期の髪は成長がストップしており、シャンプーなどで自然に抜けるようになります。休止期の髪が抜けることで成長期の髪が生え出すため、この時期を経過しなければ強い髪も生えません。

育毛剤で抜け毛が増えるのは『弱いまま成長を終えた髪を抜き、強い髪を生やすための準備段階』なのです。

よって、細く弱い髪が抜けても気にせず、強い髪が生えてくるまで待ちましょう。

抜け毛が一向に減らない場合

一時的な抜け毛の増加は育毛剤が効いてきた証拠ですが、育毛剤は体質によって相性があり、抜け毛が止まらない可能性もあります。

抜け毛が止まらない場合は育毛剤が効いていなかったり、副作用が出ていたりする恐れがあります。その場合はすぐに利用を中止し、中止後も症状が続いたら病院へ向かいましょう。

多くの育毛剤は『効果が緩やかで副作用が出にくい』という特徴を持っていますが、全ての人に同じ効果があるとも言えません。育毛剤の使用中は体調の変化なども確認しつつ、経過を観察してください。

抜け毛が減るメカニズム

育毛剤が正常に作用した場合、「そういえば、最近抜け毛が減ったかも」と気付くでしょう。それは『弱い髪が抜けて強い髪に生え替わったから』であり、以下のような自覚があれば健康な髪になった証拠です。

  • 髪にコシが出てきた
  • 太く堅い髪が目立ってきた
  • 頭髪全体のボリュームが増えた

ここまで到達すれば、先ほど触れた成長期の髪が増加しており、簡単には抜け毛も増えません。

そうなると抜け毛の不安から解放されるだけでなく、「次はあの髪型を試そう!」とオシャレを楽しむ余裕も出てくるでしょう。育毛剤は抜け毛をなくすだけでなく、ファッション面でも役立つのです。

育毛剤で抜け毛を減らすなら半年は待とう

育毛剤で抜け毛の不安から解放されるには、それなりに根気が必要です。初期の抜け毛に耐えるのもそうですが、そこから強い髪が生えることも考えると、1ヶ月程度では効果も感じられません。

多くの育毛剤は『効果を実感するには半年ほど必要です』と説明しており、人によっては1年ほどかかる場合もあります。育毛剤を途中でやめる人は数週間や数ヶ月で諦めた場合も多く、それではもったいないですね。

最低でも半年、できれば1年ほど様子を見て、抜け毛の推移を観察しましょう。毎日確認していると、違いも見つけやすいはずです。


育毛剤をやめると再び抜け毛が増える?

抜け毛が目立つ人は、主に遺伝の影響が強いです。抜け毛につながる男性ホルモンの量も遺伝で変化するため、髪が抜けやすい人はなにもしないと抜けていくでしょう。
育毛剤はそれをカバーしてくれるものの、遺伝による体質までは変えてくれません。よって、「抜け毛が減ったし育毛剤はやめよう」と使用を中止すれば、また抜け毛が増えてしまう可能性が高いです。
育毛剤の長期利用は抜け毛を抑えるだけでなく、白髪抑制や髪のツヤ出しにもつながります。こうした効果は若々しい外見を保つのにも役立つため、「いつまでも若く元気でいたい!」という男性は、前向きに使用を継続しましょう。

使う前に知っておきたい育毛剤の基礎

 

ピックアップ

ページのトップへ