効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    育毛剤はにおいでバレる!?気にせず使用するコツを伝授 ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ

育毛剤はにおいでバレる!?気にせず使用するコツを伝授 ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ


においを気にせず育毛剤を使うコツ

育毛剤のほとんどは頭に直接つけるので、においがあるかどうかは気になりますよね?とくに公共交通機関を使って移動したり、人と接することが多い仕事だったりすれば、においに気を払うのも当然でしょう。

とはいえ、においを気にして育毛剤を使わないと、薄毛は加速するばかりです。そこで『においを気にせず育毛剤を使うコツ』をお教えするので、自然な香りのまま薄毛を治していきましょう。

育毛剤のにおいは製品によって違う?

最初に「育毛剤ってにおうの?」という質問に答えるとしたら、『製品によってにおうかどうか異なる』と言えます。メーカーによって育毛剤の成分も異なるのですから、においの有無も変わるのは自然ですね。
ただ、におい対策をしている育毛剤は『無香料で強いにおいがありません!』と宣伝しているため、においが気になるならそうした製品を選びましょう。昔はにおいがきつい製品も多かったのですが、体臭の調整もマナーの一部になったため、育毛剤もそれに合わせて進化しているのです。
においの感じやすさは人によりますが、無香料ならきついにおいは発生しにくく、目安として役立ちます。

育毛剤の無香料にありがちな誤解

無香料を前面に押し出す育毛剤も多いですが、ここで注意したいのが『無香料はにおいが0ではない』という事実です。
無香料とは『香料を使っていない』という意味であり、育毛剤に含まれる成分には『その成分本来のにおい』が残っているため、完全ににおいを消すのは難しいでしょう。
そのため、無香料の製品を購入して「無香料なのに少しにおいを感じる!」と怒る人もいますが、それは間違いです。『集中して嗅ぐと分かる程度のにおい』ならば、無香料の育毛剤でもあります。
以上を踏まえ、できるだけにおいを抑えつつ育毛剤を使うコツを、3つほどご紹介します。

においを付加している育毛剤を避けよう

においを抑えた育毛剤が主流ではありますが、『特定のにおいを付加した製品』も存在します。そうした育毛剤には柑橘系の香りやハーブ系の香りなど、多くの人が好みやすいにおいが付加されているでしょう。
しかし、どんなにおいであっても好き嫌いがあるように、特定のにおいを付加した製品は一部の人に不評です。もしも自然な香りを大切にしたいなら、こうした製品は避けるべきでしょう。
なお、においを付加した製品をつけすぎるとほんのり香るどころか、ときとして「香水でもつけているの?」と言われるほどにおいます。香料を使った育毛剤はこうした傾向が強いため、無香料かどうかはしっかりとチェックしましょう。

効果だけでなくにおいも試せる機会について

育毛剤のにおいは実際に試さないと分からないため、『育毛剤のお試しサービス』を活用するといいでしょう。
製品によっては以下のようなサービスがあり、お手軽に効果とにおいが試せます。

  • 少量の無料サンプルを提供している
  • 初回のみお試し価格として安くしている
  • 満足できなかった場合の返金制度を用意している

こうしたサービスは効果を試してもらう意向が強いですが、もちろんにおいも試せるため、気に入らない香りなら継続する前に中断できます。
育毛剤は毎日使うアイテムなので、においも妥協せずに選びましょう。

頭皮を清潔に保てばにおいも出にくい

洗っていない頭皮はにおうように、そこへ育毛剤をつけるとにおいも混ざってしまい、普段は控えめな香りでも不快なにおいになりやすいです。
頭皮を清潔に保つなら、『1日1回のシャンプー』を実行しましょう。シャンプーのやりすぎは育毛剤の効果が落ちますが、1日1回であればその心配もなく、頭皮も清潔で嫌なにおいも放ちません。
なお、より育毛効果を実感したいなら『育毛シャンプー』の利用も検討しましょう。清潔にしつつも刺激が少なく、育毛剤の浸透を邪魔しません。

清潔な頭皮はさらに育毛が進む

清潔な頭皮はにおいを抑えられるだけでなく、育毛剤の効果も出やすくなります。
不潔な頭皮では皮脂やフケがたまりやすく、その状態で育毛剤をつけても毛根に届きにくいです。しかし、シャンプー後であれば育毛剤の浸透を遮る要素もなく、成分が毛根の奥深くまで行き届くでしょう。
におい対策もそうですが、育毛剤は薄毛を改善してこそなので、効果を実感するためにもシャンプーに気を払ってください。

つけすぎは臭いを生む?育毛剤をつける時のコツは?

においにくい育毛剤を購入すると、「においも気にならないし、早く効果を感じたいから多めにつけよう!」と考える人もいます。
ですが、大量の育毛剤をつけても頭皮が吸収しきれず、そのまま残ってしまいます。浸透せずに残った育毛剤は劣化が進み、においを発生させることがあるため、製品毎に定められた使用量を守ってください。
また、過剰な育毛剤の使用は副作用の発生率が上がるため、安全性の面でも多めの使用はおすすめできません。

育毛剤は適量をつけてマッサージをすべし

育毛剤をにおわせないためには、適量を守ることが大切です。しかしつけただけでは育毛剤も浸透しにくいため、頭皮マッサージも行うようにしましょう。
頭皮マッサージの基本的な手順は、以下をご参照ください。

頭皮マッサージの手順

1.育毛剤を頭皮全体につける

2.すぐに指の腹を当て、円を描くように全体を揉みほぐす

3.育毛剤が浸透して垂れてこなければ終了

マッサージをブラシや爪先で行うと頭皮が傷付くため、必ず指の腹で行いましょう。
頭皮マッサージは育毛剤を浸透させるだけでなく、血行促進も期待できるため、より髪が成長しやすくなります。

男性用育毛剤はにおいも控えめ

女性向けのケア用品には強いにおいを付加した製品が多いように、育毛剤も『女性用』と宣伝されているものは、においが強い製品が目立ちます。

したがって、男性用育毛剤や性別に関係なく使える製品は、においを控えた製品が多いです。男性の中には「女性用のほうが刺激も少なさそうだから、女性に人気の育毛剤にしてみよう!」と考える人もいますが、においの観点からもおすすめしかねます。

男性ならば男性用育毛剤を購入すれば、ほとんどの製品でにおいも気になりません。本気で薄毛を治したいのなら性別に合った育毛剤を選び、自然な香りのまま改善を進めましょう。

使う前に知っておきたい育毛剤の基礎

 

ピックアップ

ページのトップへ