効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    髪の毛が生える前兆を見逃さない!育毛剤の効果を感じる瞬間

髪の毛が生える前兆を見逃さない!育毛剤の効果を感じる瞬間


育毛剤の効果が出るまでのプロセス

AGA患者や、薄毛に悩む方の多くが使っている育毛剤。経験のある方はご存じでしょうが、使い始めて一定の期間が経つと、「髪が増えた!」と実感する瞬間があります。薄毛に悩む多くの男性が待ち望むその瞬間、どんな前兆があるのでしょうか?
ここでは、育毛剤の効果が現れるまでのプロセスについてご説明します。

育毛剤の効果が出るまで

意気揚々と購入して手に入れた育毛剤も、使ってすぐ効果が現れるかというと、そうでもありません。どんどんと生え際が後退している方は焦るかもしれませんが、やはり効果が出るまでは多少の時間を必要とします。

育毛剤の効果を実感するまでの期間には個人差があり、どれくらい経てば効果がはっきり表れるかは一概に言えません。しかし、一般的には3カ月~半年ほどの期間が必要と言われます。それほどの時間を要してようやく頭皮の状態を改善し、さらに半年ほどの期間を経て、髪の毛が順調に育つようになります。つまり、最低でも半年間は様子を見てみないと、本当に効果があるかどうかが分からないのです。

「そんなに時間がかかるの?」と思われるかもしれませんが、頭皮の状態が改善し、育毛環境が正常化するまで、必要不可欠なプロセスがあります。そのプロセスを飛ばしては、安定した髪の毛の成長もありえません。育毛剤を使うと決めたからには、根気強く使い続ける意志が大切です。

初期脱毛って何?

育毛剤を使い出して最初に現れる症状が、初期脱毛です。「え? 育毛剤なのに、どうして脱毛するの?」と思われるかもしれません。しかし、これもまた必要な育毛プロセスなのです。

初期脱毛とは?

育毛剤の影響で一時的に抜け毛が増えることを、初期脱毛と呼びます。初期脱毛についての正しい情報を持っていない方は、焦ることもあると思いますが、初期脱毛も実は育毛剤が効いている証拠です。

育毛剤には、乱れた成長サイクルを正常に整えるという役割があります。髪の毛の成長サイクルは、「成長期」「退行期」「休止期」の3段階に分けられますが、薄毛や抜け毛は休止期の段階で停滞してしまっている状態です。成長期へとステップアップするには、成長できず抜けるのを待つだけの休止期の髪の毛を脱毛し、リセットする必要があるのです。
つまり、初期脱毛は成長サイクルを回復しようとする動きであり、この段階を経て新しい毛髪が手に入ると考えてください。

好ましくない初期脱毛もある?

育毛剤が正しく作用することで起きる初期脱毛は、育毛に必要なプロセスであるため何も問題ありませんが、ときには好ましくない脱毛も起こりえます
それは、肌に合わない育毛剤を使うことで起きる脱毛現象です。育毛剤は薄毛・抜け毛の原因や症状、頭皮の状態に合わせて適したものを選ぶ必要がありますが、相性が悪い育毛剤を選ぶと、逆に頭皮を傷めて抜け毛を助長してしまいます。

抜け毛とともに、かゆみや炎症などの症状が見られる場合は、速やかに使用を中止して医療機関を受診してください。

なくなった産毛も生える?

産毛がなければ、髪の毛の発育はかないません。産毛がない深刻な状態でも、育毛剤の活用によって新たに生え際を作ることが可能です。

育毛は、まずは産毛から

「おでこがすっかり広くなった」この状況を克服してもう一度髪の毛を生やすには、まず産毛を生やすことから始めなければなりません。産毛は、生えてきたばかりの小さく細い毛であるため、額を広げて鏡でよくチェックしなければ確認できないでしょう。 育毛剤を使い始めたら、毎日鏡の前で頭皮の状態を確認してみてください。ひょっとすると、以前は何もなかったところから、見えるか見えないかの小さい毛がうっすらと生えてきているかもしれません。それが産毛であり、育毛剤の効果が表れ始めた証拠でもあります。

産毛が生えないこともある?

育毛剤をいくら使い続けても、産毛が生えてこないケースもあります。それは、薄毛の状態を放置し過ぎて、毛根そのものが死滅してしまっている場合です。髪の毛は、毛根にある毛母細胞によって作り出されます。

植物でいえば、頭皮は土壌に例えることができます。土壌があっても、養分がなければ草も木も生えないのと同じで、髪の毛に適した頭皮環境がなければ産毛も生えてきません。だからこそ、薄毛を放置することなく、抜け毛や薄毛の症状が現れたら速やかに処置を講じる必要があるのです。

産毛を生えやすくするには?

毛根自体が残っていて、育毛剤によってその力を引き出すことに成功すれば、産毛も生えて薄毛の改善に希望を見いだせるでしょう。それを後押しするには、育毛剤の力に頼るだけではいけません。以下のような方法も同時進行で実践するようにしてください。

  • タンパク質やミネラル、鉄分など、髪の毛に良い栄養素が入った食事をとる
  • ゴールデンタイムと呼ばれる午後10時~午前2時までに睡眠に入る
  • ストレスフリーの状態を作るために、適度にリフレッシュする

22時~2時の間に睡眠をとれば、成長ホルモンが活発となり、産毛も生えやすくなります。育毛剤の導入とともに、生活習慣の改善にもぜひ取り組んでください。

育毛剤で、頭部にどんな変化が?

育毛剤の有効成分が正常に機能すれば、3カ月~半年ほどで効果の兆しが見え始めるでしょう。そのとき、薄くなった頭にどのような変化が見られるのでしょうか?

まず、第一段階として「頭皮環境の正常化」、そして第二段階で「発毛機能の向上」、この2つの大きなステップを踏むことで、髪の毛が本来あるべき成長の姿を取り戻すのです。

頭皮環境の正常化

髪の毛が抜け落ちて生えてこなくなった原因は、栄養不足などで頭皮の状態が正常でなくなることです。髪の毛を再び通常のように生えさせるには、頭皮環境を良くする必要があります。育毛剤の有効成分を注入し、頭皮環境が改善すれば髪の毛も力強く伸び始める、という流れです。
また、荒れがちだった頭皮も、育毛剤によって適度に皮脂が補充され、乾燥肌の改善も進むでしょう。抜け毛だけでなく、フケやかゆみなどの症状の改善も期待できます。

この第一段階は、まだ頭皮の状態を正常に回復させている段階のため、髪の毛のボリュームアップは見られません。しかし、 育毛に向け必要な環境が確実に整備されている段階と言えるでしょう。

発毛機能の向上

頭皮が元の状態に回復すれば、今度は毛根部分の改善に進みます。ほとんど停止状態にある毛根に栄養素を送り込んで活性化させることで、産毛の発毛を促します。それと同時に、多かった抜け毛が減るなどの改善が見られるでしょう。

この第二段階に進むまでに、最低でも半年は必要とされます。産毛が生えだしたとしても、急速に髪の毛の量が増えるというわけではありません。その後も根気よく育毛剤を使い、毛根を正常な成長サイクルの軌道に乗せることが必要です。その段階に達して初めて、強く太い髪の毛が増えていくでしょう。

副作用は?

医薬部外品の育毛剤使用で、深刻な副作用の心配はそれほどありませんが、まれに頭皮の荒れやかゆみといった肌の異常、めまいなどの体調不良を訴える方もいます。そのような症状が現れた場合は、速やかに使用を注意し、皮膚科などの医療機関を受診してください。

初期脱毛や産毛は髪が生えるサイン

根気よく育毛剤を使用していけば、頭皮が薄くなった方でもかなりの確率で症状の改善がみられるでしょう。そのとき、 髪の毛が生える前兆である初期脱毛や産毛の発毛などのサインを見逃さないように毎日鏡でチェックしてください。確実に髪の毛が増えていく実感を持つことで、育毛剤を使うモチベーションも上がります。

使う前に知っておきたい育毛剤の基礎

 

ピックアップ

ページのトップへ