効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    育毛剤で白髪予防!?白髪を改善できるその理由 ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ

育毛剤で白髪予防!?白髪を改善できるその理由 ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ


育毛剤で白髪予防ができるってホント?

薄毛と同様に悩ませる髪のトラブルとして、『白髪』はとても気になるでしょう。とくに若いうちから白髪が発生すると、周囲の目が気になりますよね?

そんな白髪の具体的な対策は、まだ確立されていません。しかし、「育毛剤を使ったら黒い髪が増えた!」という声もあり、白髪対策としても育毛剤が注目されています。

育毛剤は本当に白髪も防ぐのか、その真相について確認しましょう。

予防策ある?白髪が生える原因について

白髪は加齢と共に起こる老化現象で、誰しもが生える可能性があります。ただ年齢の割に白髪が多い。若白髪などの症状で悩んでいる方もいるでしょう。ここではまず白髪が生えるメカニズムや原因について紹介していきます。

白髪が生えるまでのメカニズム

まず、『なぜ白髪は生えるのか?』について、簡単に触れておきます。

白髪が発生するまでのメカニズム

私たちの髪は『メラニン色素』が混ざることで黒髪に変化し、このメラニン色素を作るには『メラノサイト』という細胞と『チロシナーゼ』という酵素が必要になります。この色素の発生がなんらかの原因で阻害されることにより、髪が黒くならずに白髪が発生しているのです。

私たちの髪は本来が白髪であり、そこに色素が加わるからこそ黒髪を維持できるのです。
しかし、この色素はさまざまな要因によって発生が阻害されるため、加齢以外でも白髪が増える可能性があります。

白髪が増える原因について

白髪も増えやすい人とそうでない人がいるように、下記の原因に該当する場合は白髪に悩みやすいでしょう。

栄養不足

髪を黒くするメラニン色素は、髪が育つための栄養が不足すると作りにくくなります。とくに現代の食生活で不足しやすいビタミンやミネラルが必要で、これらが足りないと白髪も発生しやすくなるでしょう。

血行不良

栄養を髪に運んで黒くするなら、正常な血液の流れが必要です。しかし運動不足や睡眠不足で血行が悪化すると栄養が届きにくくなり、十分な栄養を補給しても白髪が発生しやすくなります。

ストレス

昔から『気苦労の絶えない人は髪が白くなる』と言われるように、ストレスも白髪の発生に関係します。過剰なストレスは頭皮を含めた体全体の代謝を鈍らせ、髪の成長を妨げて色素も作りにくくなるのです。

そんな人にとって、『育毛剤による白髪改善』はとても気になりますよね?

白髪の予防対策になる?育毛剤の効果を知ろう!

育毛剤が白髪に効く理由を知る前に、『そもそも育毛剤はどんな働きがあるのか?』について触れましょう。

育毛剤の主な働きについて

育毛剤は『髪が育ちやすい環境を作って薄毛を防ぐ』のが主な働きです。とくに顕著な効果が『頭皮の血行促進』であり、血液の流れが改善されて髪にまで栄養が行き渡り、長く成長を続けるでしょう。また、血行が良くなると頭皮全体の代謝も活発化し、細胞が若々しい状態を保てます。

人気の育毛剤の多くは血行促進を謳っており、ほとんどの製品で同様の効果が期待できます。
育毛剤は体質によって相性も出てきますが、薄毛が進行する前に使うと多くの人が効果を実感できるでしょう。

育毛剤が白髪を改善できる理由

育毛剤は白髪の改善こそ宣伝していませんが、以下の働きもあって「実は白髪改善にも効果的なのでは?」と多くの人が感じているのです。

  • 血行促進により色素を作るために必要な栄養も行き渡る
  • 頭皮の代謝が改善されて正常に髪の色素が作られる

どちらも『若くて健康的な黒髪』を作るためには欠かせない働きであり、白髪を改善しても不思議ではありません。

育毛剤の主な働きは薄毛の改善ですが、効果を実感した人が多い製品ほど、「ついでに白髪も治せるかも…」と期待できるでしょう。

育毛剤で白髪改善を狙う場合の注意点

育毛剤は『髪が健康的に育つ自然な作用』を整えて白髪改善を促すため、白髪染めのような即効性はありません
そのため、育毛剤を使った無理のない改善を実現したいなら、育毛剤に頼りっきりではなくプラスアルファの努力も必要です。

髪が元気になる栄養を摂取

日々の食事内容が偏っている場合、いくら育毛剤で補おうとしても栄養が足りない可能性があります。食事は低脂質を意識しつつ野菜を中心に食べるようにすれば、髪に必要なビタミンやミネラルを確保できるでしょう。どうしても摂取できない栄養が多いなら、『育毛サプリ』を併用することでバランスが取れます。

規則正しい生活を送る

忙しい毎日では運動や睡眠時間の確保が難しいですが、そのままでは白髪も増える一方です。通勤の際は徒歩を増やしたり、休日以外は夜更かしをなくしたりすることで、血行が促進されて頭皮にも栄養が向かいます。そこに育毛剤をプラスすることで、さらに栄養が充足するでしょう。

ストレス解消を惜しまない

我慢強い人ほど白髪が増えてしまうように、ストレスは耐えるのではなく解消するように意識してください。そうすることで体も本来の代謝能力を取り戻し、気持ちも軽くなって白髪が増えにくくなります。精神的に追い詰められると育毛剤も効果を出せないので、「育毛剤を使っているし、そのうち治るさ!」くらいに考えて、ゆっくりと効果を待ちましょう。

人間は思い込みによって薬の効果も変わるように、育毛剤を使うときも前向きに使用を続けてください。
そして生活習慣も改善すれば白髪や薄毛を治せるだけでなく、心身ともに充実した毎日が過ごせるでしょう。

白髪予防はどっちがいい?育毛剤と白髪染めの比較

「育毛剤ってそもそも白髪の改善は想定していないし、それなら白髪染めのほうがいいのでは?」と思う人は多いです。

仮に「白髪染めはしたいけど、黒髪以外の色に挑戦したい!」という人ならば、育毛剤よりもヘアカラーのほうがいいでしょう。育毛剤で白髪を改善すると黒々とした髪は生えますが、それ以外の色はもちろん生えません。

「別に薄毛ではないから、すぐに白髪をなくしたい!」とお考えなら、白髪染めも検討しましょう。

白髪染めにもダメージがあることに注意

白髪染めを実行する場合、『髪や頭皮に対してダメージを与える』という事実を必ず意識してください。いくら黒髪に戻すと言えど髪を染めるのには変わらず、ヘアカラーと同じく髪への負担になります。

とくに白髪だけでなく薄毛も気になる場合、白髪染めを行うと「髪は黒くなったけど、さらに抜け毛が増えてしまった…」という事態にもなりかねません。したがって、育毛剤と白髪染めは自分の状態で使い分けましょう。

  • 白髪と一緒に薄毛も治したいなら育毛剤
  • 髪が豊富で即効性を求めるなら白髪染め

なお、白髪染めは定期的に染め直しが必要なので、「何度も白髪染めをしていたら、髪が薄くなった…」と気になるかもしれません。
その場合は育毛剤も併用するなど、髪の状態はこまめに観察し、ダメージが気になるならケアしましょう。

若白髪の改善は育毛剤も頼りになる?

若白髪に悩む人は栄養不足や血行不良が起きている場合が多く、こうした状態は育毛剤で改善できるため、薄毛だけでなく白髪も防止しやすいでしょう。

加齢によって白髪が発生した場合、体全体の働きが衰えているため、どうしてもメラニン色素も作れなくなります。そうなると育毛剤でも改善は難しいため、黒髪が恋しいなら白髪染めも検討すべきでしょう。

なお、加齢による白髪を黒く染める場合、『シャンプータイプの白髪染め』がおすすめです。こちらは染まるまでに時間がかかるものの、髪への負担が少なく抜け毛も増えにくいでしょう。

もしも30代くらいで白髪が気になるなら、育毛剤を試してください。白髪防止もさることながら、薄毛を未然に防ぎつつツヤとコシのある髪を維持できるため、より長く若い頭髪が維持できるでしょう。

使う前に知っておきたい育毛剤の基礎

 

ピックアップ

ページのトップへ