効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    ミノキシジルにも負けない?キャピキシルの育毛効果と副作用 ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ

ミノキシジルにも負けない?キャピキシルの育毛効果と副作用 ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ


キャピキシルの育毛効果をミノキシジルと比較

近年ミノキシジルに勝るとも噂される『キャピキシル』。その効果は「ミノキシジルの3倍!」とまで宣伝されました。一体どれほどの効果なのか、ミノキシジルとの比較も踏まえ、キャピキシルの詳細に迫ります

キャピキシルを含む育毛剤の主な効果について

そんなキャピキシルの効果を大ざっぱに説明すると、『薄毛を防止しつつ育毛環境を整える』と言えます。これだけでは分かりにくいため、もう少し具体的に説明します。

  • 5αリダクターゼの抑制
  • 頭皮環境の改善
  • 髪の成長補助

こうした働きがあるからこそ育毛剤に使われ、実際に「元気な髪が生えてきた!」と喜ぶ人もいます。キャピキシルがどうして上記の効果を生むのか、そのメカニズムを見ていきましょう。

脱毛ホルモンを抑制して薄毛を止める

『男性ホルモンが豊富なほど抜け毛が増える』と昔から言いますが、正確には『5αリダクターゼが男性ホルモンを脱毛ホルモンに変換するから』と表現できます。

5αリダクターゼが薄毛を加速させるまで

男性ホルモンのテストステロンは5αリダクターゼにより、ジヒドロテストステロンに変換されます。このジヒドロテストステロンこそが脱毛を加速させる原因であり、5αリダクターゼの量が多い人ほど薄毛になりやすいのです。

アカツメクサ花エキスはこの5αリダクターゼを抑制し、ジヒドロテストステロンの発生を抑え、薄毛を予防してくれます。また、5αリダクターゼの量は遺伝性が強いものの、キャピキシルは遺伝による薄毛も改善できます。AGAなどに悩む人でも、キャピキシルを含む育毛剤は頼りになるでしょう。

頭皮環境を改善して刺激から守る

キャピキシルを構成するアセチルテトラペプチドは保湿作用も備えており、そのおかげで頭皮環境が改善できます。「どうして保湿で頭皮環境が良くなるの?」という疑問をお持ちなら、以下をご参照ください。

  • 頭皮の乾燥を防ぐ
  • 外部からの刺激に強くなる
  • フケを抑える

肌の保湿は潤いによるバリアを作るように、頭皮の保湿は髪を守るバリアになります。乾燥肌に悩む人には、とくにうれしい効果ですね。育毛と言えば血行促進や栄養補給に目がいきますが、育毛が捗る下地作りも欠かせないのです。

強く長く髪を成長させる

保湿作用があるアセチルテトラペプチドですが、ほかにも『毛包の成長を助ける』という効果もあります。毛包とは毛根を包む組織であり、アセチルテトラペプチドはこの毛包に栄養を与えることで髪の毛の成長を助けます。毛包が元気になると髪の毛が強く、そして長期間成長を続けるため、元気な頭髪を取り戻せるでしょう。

髪の成長サイクルには3段階あり、成長期→退行期→休止期の順で訪れます。正常な髪であれば成長期がもっとも長く続き、最長で6年ほど成長し続けます。育毛では『いかにして髪を成長させ続けるか』も重要なポイントなので、キャピキシルはこの点でも役立つでしょう。

抜群の効果なのに副作用はなし?キャピキシルのすごさとは

効果の強い育毛成分ほど気になるのが、副作用の存在です。キャピキシルも効果が実感できる成分として「やっぱり強い副作用があるのだろうか…」と不安になるところですが、安心してください

キャピキシルは植物由来の成分とアミノ酸で構成されるため、安全性はきわめて高いです。これまでに目立った副作用の報告はなく、育毛効果から考えるとキャピキシルはかなり特異な存在でしょう。この点こそ注目が集まる理由であり、人によっては『次世代の育毛剤を担う成分』とまで評価します。これまで育毛剤の副作用に怯えていた人も、キャピキシルに関しては不安にならなくていいでしょう。

キャピキシル以外の成分に少しだけ注意しよう

このように、キャピキシルは『効果も安全性も高い成分』なのですが、1つだけ注意したいことがあります。
キャピキシル入りの育毛剤には『キャピキシル以外の成分』も当然含まれており、「キャピキシルでは大丈夫だったけど、ほかの成分で副作用が発生した…」という可能性は否定できません。

安全に育毛剤を使うなら、たとえキャピキシル入りの製品でも以下のことを守りましょう。

  • 用法用量を守って使用する
  • 異変を感じたら即座に中止する
  • 育毛剤で副作用を起こす人には、「早く効果を実感したくて、つい多めに塗布してしまった」という意見が多いです。育毛剤は定められた用法用量を守り、経過をしっかりと観察しましょう。

どう違う?ミノキシジルとキャピキシルを比較

キャピキシルと同じく育毛成分として有名なのが、冒頭でも触れた『ミノキシジル』です。育毛剤について詳しい人にはお馴染みの成分ですが、念のためにミノキシジルの概要にも触れておきます。

ミノキシジルの概要

ミノキシジルとは、元々はアップジョン社が高血圧の治療用に開発した成分です。しかし高血圧治療に用いた患者に発毛効果が確認されたため、育毛剤の成分としても利用されるようになりました。

ミノキシジルとキャピキシルは名前も似ており、比較されることが大変多いです。人によっては「キャピキシルのほうがいい」と話すこともあれば、「やっぱりミノキシジルのほうが効果的だ」という人もいます。今回は改めて双方の効果を比較し、どちらを用いるべきか考えてみましょう。

知名度なら圧倒的!?育毛成分のパイオニアでもあるミノキシジル

実はまだ詳細が分かっていないミノキシジルですが、以下のような形で育毛に作用すると言われます。

ミノキシジルが育毛に役立つメカニズム

ミノキシジルは高血圧治療に用いられたように、血管拡張作用があります。ミノキシジルを含む育毛剤を使うことで頭皮の血行を大幅に改善し、細胞の働きを活発化させ、毛根から髪の毛を生やすのです。

こうした説明を見ると効果も納得できるミノキシジルですが、実は以下のような副作用もあります。

  • かゆみ
  • 低血圧
  • 頭痛
  • 胸の痛み
  • 手足の痺れ
  • とくにかゆみは発生しやすく、長期間続くと炎症にもつながります。それ以外の副作用は件数こそ少ないものの、症状も多く不安になるでしょう。

ただし、上記の副作用は経口摂取した場合に起きやすくなります。ミノキシジルも当初は内服薬タイプの育毛剤が作られたものの、それだと副作用が起きやすいため、頭皮に塗布するタイプに変わった…こうした背景があります。

それにミノキシジルは日本でも多くの実績を出しており、知名度の高さからも「これなら効くかも!」という期待が持てます。キャピキシルとの最大の違いは、この知名度だと言えるでしょう。

安全性なら文句なし!?脱毛を防いで育毛を促すキャピキシル

先ほどの説明からも分かるように、キャピキシルはミノキシジルとは『育毛効果を出すためのメカニズム』が違うのです。どちらも強い髪を生やすという点では共通していますが、作用の仕方が異なります。
キャピキシルの作用についても、簡単にまとめておきましょう。

キャピキシルが育毛に役立つメカニズム

キャピキシルはミノキシジルと違い、『脱毛を防ぎつつ育毛環境を整える』といった形で作用します。ミノキシジルに比べると自然に生やそうとする方向性が強く、安全性もあって長く付き合いやすいでしょう。

キャピキシルではミノキシジルのような副作用も確認されておらず、安全性では大きく勝っています。
ただ、キャピキシルはミノキシジルに比べて歴史が浅く、まだまだ実績もデータも不足しています。この点に関しては、今後の報告が期待されますね。

これからの進展に期待したいキャピキシル

どんなに魅力的な成分であっても、『これまでに多くの人の髪を生やしてきた』という実績には敵いません。百聞は一見にしかずの言葉通り、ミノキシジルに注目が集まる現状は当然でしょう。

しかし、アプローチの方法が違えど結果的に髪を生やし、それでいてリスクの少ないキャピキシルは、これからの進展に期待できる成分です。もしもキャピキシルの研究が進み、ミノキシジル並みに実績も増えれば、化ける可能性はあるでしょう。
少なくとも目立った副作用はないため、長期間の利用でも安心できるのはうれしいですね。育毛剤とは一生の付き合いになるため、キャピキシル入りの製品も前向きに検討しましょう。

育毛剤の副作用チェック!育毛効果に期待の成分徹底調査

 

ピックアップ

ページのトップへ