効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    育毛剤に使われているジフェンヒドラミンHCの3つの効果と副作用 ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ

育毛剤に使われているジフェンヒドラミンHCの3つの効果と副作用 ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ


ジフェンヒドラミンHCの3つの育毛効果と副作用

効果のある育毛剤は、『育毛に必要な成分を配合しているか?』という点を満たしているかどうかで決まります。その成分の中でも重要とされるのが、『ジフェンヒドラミンHC』です。重要な成分のわりには「育毛剤を使うときに初めて耳にした」という人も多いので、その効果についてご説明します。

育毛剤の成分として本当に優秀?ジフェンヒドラミンHCの働きについて

ジフェンヒドラミンHCは有名な育毛剤には大抵含まれているように、薄毛に悩む人にも頼れる成分です。ジフェンヒドラミンHCが育毛剤に含まれていた場合、以下のような効果が期待できます。

  • 抗炎症作用
  • かゆみ抑制
  • 血行促進

いずれも育毛環境を整える上で欠かせず、育毛剤に含まれているのも納得の効果です。ジフェンヒドラミンHCが入った育毛剤を使うとどうなるか、それぞれの効果にフォーカスして説明します。

敏感な頭皮を守る抗炎症作用

薄毛になりやすい人は『敏感な頭皮』に悩むことが多いです。敏感肌はさまざまな肌トラブルを引き起こすように、敏感な頭皮はしばしば炎症を起こし、脱毛を加速させます。 そんなときにジフェンヒドラミンHCの抗炎症作用が働くと、炎症が抑えられて頭皮が刺激から守られます。ジフェンヒドラミンHCの効果は経口摂取だけでなく、頭皮への塗布でも発揮されるでしょう。

炎症が起きなくなれば頭皮も正常に働き、髪も順調に成長します。炎症を放置していると皮膚病にも発展するため、「昔から敏感肌でつらい…」という人は、ジフェンヒドラミンHCが入った育毛剤を選びましょう。

かゆみを抑えて傷を防止

アレルギーが発生すると強いかゆみに襲われるように、抗ヒスタミン薬としてかゆみを抑えるジフェンヒドラミンHCは、頭皮のかゆみも抑えてくれます。「かゆみくらい我慢すればいい」と思うかもしれませんが、我慢できないほどのかゆみは思考を乱し、就寝時などの無意識下ではかゆみに負けてかきむしってしまうでしょう。デリケートな頭皮をかきむしるとあっさり出血し、血液が固まると毛穴を塞ぐため、育毛環境が悪化します。

当然炎症も悪化するため、ジフェンヒドラミンHCは頭皮のトラブルを未然に防ぐでしょう。

血行促進効果で髪に栄養を届ける

健康な髪は『しっかりと栄養が行き渡った髪』であり、栄養を届けるには正常な血流が必須です。ジフェンヒドラミンHCは血行促進効果があるため、育毛剤を塗布することで、頭皮の血行をダイレクトに改善します。こうして血行促進効果により髪に栄養が行き渡ると、長く成長を続けてコシのある髪に育ちます。栄養が足りない髪はすぐさま成長が終わって抜け落ちるため、頭皮の血行が悪い人は育毛剤でカバーしましょう。

頭皮の血行が悪いかどうかのチェック
  • 髪が細くへたりやすい
  • 頭皮が堅く乾燥している
  • もともと全身の血行が悪い

思い当たる節があれば、ジフェンヒドラミンHC入りの育毛剤を使いましょう。血行が改善されれば、頭皮の変化も実感できます。

ここまでのまとめ
  • ジフェンヒドラミンHCの抗炎症作用は頭皮にも有効
  • かゆみも防いで炎症や傷を防止する
  • 血行促進効果により髪に栄養を届けてくれる

油断できない?ジフェンヒドラミンHCの副作用とは

育毛剤の成分としても魅力的なジフェンヒドラミンHCですが、眠気をもよおす場合があるように、いくつかの副作用があります。

  • 口内の渇き
  • 頭痛
  • 下痢
  • 目覚めの悪さ
  • めまい

こうして見ると副作用も多く、油断できない成分です。とくにアルコールと一緒に摂取すると過度の眠気に襲われたり、軽度の記憶障害が発生したり、日常生活にも支障が出てきます
「お酒も好きだから、ジフェンヒドラミンHC入りの育毛剤はダメなの?」と不安になりますが、そうでもありません。

ジフェンヒドラミンHCを含む育毛剤で副作用が出にくい理由

ジフェンヒドラミンHCの副作用は主に飲み薬にて発生しており、『ジフェンヒドラミンHCを含む育毛剤』にて重度の副作用が出たとは聞きません。なぜ育毛剤なら副作用が出ないのかと言うと、以下の理由があります。

  • 内服薬に比べるとジフェンヒドラミンHCの保有量が少ない
  • 経口摂取に比べると頭部への塗布は吸収率が控えめ

仮にジフェンヒドラミンHC入りの育毛剤を使いつつお酒を飲んでも、副作用の心配はありません。ただ、お酒は育毛に関してよい影響はありませんので、禁酒もできればさらに髪が生えやすくなります。それでも副作用が心配な場合、育毛剤毎に定められた『1日の使用回数上限』を守れば、安心して使えるでしょう。

ここまでのまとめ
  • ジフェンヒドラミンHCにも副作用はある
  • 育毛剤の場合は内服薬に比べて副作用が出にくい
  • 育毛剤の使用回数上限を守ればさらに安全

ジフェンヒドラミンHCに並ぶ育毛有効成分について

ジフェンヒドラミンHCは『育毛有効成分』に分類されており、その定義は以下の通りです。

  • 有効成分の定義

有効成分とは、医薬品や医薬部外品に含まれる『厚生労働省が効果を認めた成分』を指します。ほかの成分よりも目立つように表示され、この成分の有無は育毛剤の性能を左右します。

ジフェンヒドラミンHCを含むかどうかは『効果が期待できる育毛剤であるかどうか』に関わるため、購入前は成分表をしっかりとチェックしましょう。なお、ジフェンヒドラミンHC以外の『多くの育毛剤に使用される育毛有効成分』は、以下の2つが有名です。

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸

ジフェンヒドラミンHCと一緒に含まれているとさらに効果的ですので、上記の成分についても少し触れておきましょう。

漢方の力で頭皮環境を整えるセンブリエキス

漢方薬にも使用されるセンブリエキスは、さまざまな育毛効果を含みます。

  • 抗酸化作用
  • 細胞増殖
  • 5αリダクターゼの抑制(脱毛ホルモンの抑制)
  • 保湿

このほかにもジフェンヒドラミンHCと同じく抗炎症作用と血行促進効果もあり、非常に頼もしい成分ですね。ただし、センブリエキスは漢方なので、その効果は緩やかです。おかげで副作用の心配は皆無ですが、単体では力を発揮しにくく、センブリエキスだけを購入しても育毛は捗りません。
抗炎症作用と血行促進においてはジフェンヒドラミンHCのほうが優秀なので、センブリエキスは『広く浅く作用するサポート役』だと思いましょう。

清潔な頭皮を保つグリチルリチン酸

グリチルリチン酸も有効成分として、以下の効果が期待できます。

  • 殺菌作用
  • 皮脂抑制

どちらの効果も清潔な頭皮を保つのに必須で、ほかの成分を浸透させるためには欠かせません。ただし、グリチルリチン酸は血行促進や栄養補給のような『髪の成長に直接作用する効果』はありません。あくまでも『ほかの成分を活かすための存在』だと理解しましょう。
グリチルリチン酸も副作用はありますが、ジフェンヒドラミンHCと同じく、経口摂取しない限りは大丈夫です。

ここまでのまとめ
  • 有効成分に分類されるジフェンヒドラミンHCは効果を期待しやすい
  • センブリエキスは安全かつさまざまな育毛効果がある
  • グリチルリチン酸は頭皮を清潔にする
眠くなるジフェンヒドラミンHCも育毛剤の成分ならば安心

育毛剤の多くは『医薬部外品』に指定されており、その点も副作用が起きにくくなっている理由です。
医薬部外品の定義
医薬部外品は医薬品と異なり、『効果は確認されているが、体への作用は穏やかであり、主に症状の予防に用いる製品』とされています。したがって多くの育毛剤は『緩やかに薄毛を防ぐ薬』なので、副作用の心配も少ないのです。 ジフェンヒドラミンHCの副作用は多岐に渡りますが、その副作用の心配がない育毛剤だと、抗炎症作用が大変優秀です。
副作用ばかりを心配するのではなく、「どのように使えば安心なのか?」を理解し、薄毛予防に育毛剤を活用しましょう。

育毛剤の副作用チェック!育毛効果に期待の成分徹底調査

 

ピックアップ

ページのトップへ