効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    エビネ蘭エキスは2つの効果と副作用ゼロでぐんぐん育毛する成分

エビネ蘭エキスは2つの効果と副作用ゼロでぐんぐん育毛する成分


エビネ蘭エキスの2つの育毛効果とは

最近注目の『エビネ蘭エキス』。ほかのメジャーな成分に比べて聞いたことのない人も多いですが、一部の利用者からは好評も得ています。今回はエビネ蘭エキスについて詳しく説明するので、育毛剤選びの参考にしてみましょう。

育毛剤に含まれるエビネ蘭エキスの働きについて

エビネ蘭エキスを含んだ育毛剤を使用した場合、以下の効果が期待できます。

  • 頭皮の湿潤
  • 血行促進

効果が2つだけだとイマイチに感じるかもしれませんが、双方とも育毛には欠かせない影響があるため、軽視はできません。エビネ蘭エキスはどのように育毛を促してくれるのか、少し掘り下げてみましょう。

頭皮に潤いを与えて育毛環境を整える

エビネ蘭エキスを含む育毛剤は湿潤作用があり、頭皮に潤いを与えてくれます。頭皮が潤うとどんな恩恵があるのか、それは下記の通りです。

  • 皮脂の保護
  • フケの防止
  • かゆみ防止

皮脂と聞けば「脂が多いとハゲるのでは?」と不安になりますが、適度な皮脂は頭皮を保護して乾燥を防ぐため、エビネ蘭エキスは『頭皮をダメージから守る成分』だと言えます。

乾燥を防止すればフケやかゆみも出にくくなり、頭皮のトラブルを未然に防げます。頭皮になんらかのトラブルが起きれば脱毛が加速するため、エビネ蘭エキスが薄毛改善に役立つのは間違いないでしょう。

血行促進効果で元気な髪を育てる

生薬の効果と同じく、エビネ蘭エキスは頭皮の血行促進が期待できます。頭皮の血行が改善されると、以下のような影響があるでしょう。

  • 髪に栄養が行き渡って成長しやすくなる
  • 髪の成長期間が延長されて抜け毛が減少する
  • コシのある太く強い髪に育つ

育毛剤において血行促進の効果があるかどうかは、『髪が育つかどうか』の違いでもあります。効果的な育毛剤が欲しいなら、血行促進効果の有無は必ずチェックしましょう。

エビネ蘭エキスは血行促進が期待できるため、実用性のある育毛剤だと言えます。

植物由来で安心!エビネ蘭エキスに目立った副作用はなし

育毛剤に含まれる成分で気になるのは、やはり副作用の有無でしょう。短期間の利用ならともかく、育毛剤は長く使うほうが好ましいため、副作用があれば長期利用は避けたいですよね?

しかし、エビネ蘭エキスは植物由来の成分であり、目立った副作用の報告はありません。こうした天然の成分は化学成分よりも負担が少なく、多くの人にとって安全なのです。「アレルギー体質だから、育毛剤も安全性の高い製品が欲しい…」という人でも、エビネ蘭エキス入りの育毛剤はおすすめできます。

エビネ蘭エキスを含む育毛剤で副作用が起こりえる理由

ただし、油断は禁物です。最初にも触れたように、エビネ蘭エキスを用いた育毛剤にはさまざまな成分が含まれており、製品によっては『副作用の可能性がある成分』が使われていることもあります。

エビネ蘭エキスで副作用が出なくとも、ほかの成分で出る可能性までは否定できません。もしも育毛剤の利用中に異常を感じたら、即座に中止しましょう。

なお、育毛剤でも『医薬部外品』に分類される場合、効果が緩やかな分副作用も起きにくくなっています。エビネ蘭エキスを含む育毛剤には医薬部外品が多いため、重度のアレルギー体質でなければ不安になりすぎなくていいでしょう。

医薬部外品に関する豆知識
  • 育毛剤も医薬品と医薬部外品に分けられる
  • 医薬部外品は緩やかに作用し副作用も出にくい
  • 医薬品は効果が強いが副作用も出やすいため医師の診断が必要

どんな成分が有効?エビネ蘭エキス以外の育毛有効成分について

エビネ蘭エキスの効果は薬学界でも認められており、育毛有効成分として優秀です。しかし、育毛に有効な成分はほかにもあり、とくに以下の3つは有名な育毛剤に多く含まれています。

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸
  • ジフェンヒドラミンHC

これらも育毛効果が認められており、育毛剤選びをしている人からすれば「どの成分がいいの?」と悩みますよね?そこでエビネ蘭エキスと上記の成分を比較し、その違いを確認して見ましょう。

センブリエキスとエビネ蘭エキスの比較

センブリエキスはセンブリ(千振)から抽出された植物由来の成分であり、育毛剤以外に内服薬にも使われるため、エビネ蘭エキスと共通しています。

そんな近しい成分のセンブリエキスには、以下の作用があります。

  • 血行促進
  • 抗炎症作用
  • 抗酸化作用
  • 細胞増殖
  • 5αリダクターゼの抑制(脱毛ホルモンの活動を抑止)

センブリエキスはエビネ蘭エキスよりも多くの効果を保有し、湿潤作用以外は上位互換に見えますね。ただ、どちらも副作用がないため、セットで含まれていても安心して使えます。センブリエキスは効果こそ緩やかですが、エビネ蘭エキスの邪魔をしない成分として相性は抜群でしょう。

グリチルリチン酸とエビネ蘭エキスの比較

グリチルリチン酸は風邪薬や皮膚薬にも使われている、消炎効果のある成分です。ゆえに育毛剤としての効果も、予想しやすくなっています。

  • 抗炎症作用
  • 殺菌効果

グリチルリチン酸は『頭皮を清潔にする効果』があり、エビネ蘭エキスで清潔な頭皮に潤いを与えると考えれば、相性も悪くないでしょう。ただし、グリチルリチン酸には副作用があります。頭皮に塗布する育毛剤では出にくいものの、内服薬の使用で高血圧などが発症しており、天然の成分であるエビネ蘭エキスほどの安心感は期待できません。

その分効果は強めなので、グリチルリチン酸を含む育毛剤は『1日の使用上限』を守ってください。

ジフェンヒドラミンHCとエビネ蘭エキスの比較

ジフェンヒドラミンHCは、『風邪薬に入っている眠くなる成分』と説明すれば覚えやすいでしょう。もちろん眠くなるだけでなく、アレルギーを抑える作用があります。そしてジフェンヒドラミンHCが育毛剤に含まれていると、以下の効果が期待できます。

  • 抗炎症作用
  • かゆみ防止
  • 血行促進

一見するとエビネ蘭エキスよりも優秀そうな成分ですが、グリチルリチン酸と同じく副作用があり、頭痛やのどの渇きなどが報告されています。

育毛剤として頭皮に塗布するなら滅多に副作用も出ませんが、やはり植物由来のエビネ蘭エキスのほうが安全性で大きく勝ります。副作用のある成分が含まれた育毛剤は、なるべく慎重に取り扱いましょう。

植物由来の強みを活かしたいエビネ蘭エキス

ほかの有効成分に比べると、エビネ蘭エキスには物足りなさを感じるかもしれません。
しかし、緩やかに作用する成分ほど安全性は高く、長期の利用でも副作用が出にくいです。そして育毛剤は『一度使い始めたら一生使い続けるのが理想的』とされているように、効果の持続のためにも安全な製品選びが欠かせません。

その点で言えば、エビネ蘭エキスは理想的です。この成分を含む育毛剤を使うなら、『植物由来の強み』を活かしてみましょう。

育毛剤の副作用チェック!育毛効果に期待の成分徹底調査

 

ピックアップ

ページのトップへ