効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    フィナステリドの効果は抜群だが副作用も?話題の育毛成分の秘密

フィナステリドの効果は抜群だが副作用も?話題の育毛成分の秘密


フィナステリドの育毛効果!副作用はある?

薄毛に悩む人は世界中にいるように、育毛に有効な成分は日本だけでなく、海外でも研究されています。そしてアメリカで生まれた『フィナステリド』も全世界で有名な成分であり、いくつもの発毛実績があります。
フィナステリドが持つ多少の副作用についても必ず勉強しておきましょう。

元は前立腺の治療薬?フィナステリドの概要

まず、フィナステリドが育毛剤に使われるまでの経緯を説明します。

フィナステリドが育毛剤に使われるようになった理由

育毛成分であるフィナステリドはアメリカのメルク社が開発した、抗アンドロゲン薬です。これは『男性ホルモンの働きを抑制して諸症状を改善する薬』であり、当初は前立腺肥大症の治療薬に使われました。その際、使用者に発毛効果が見られたことから、育毛剤の成分としても研究が開始されたのです。

『副作用が人にとって有益だったから別の使い道も模索する』というのは、開発されて間もない成分ではよくあることです。今でこそフィナステリドは育毛成分として有名ですが、その他の病気の治療にも使われています

飲む育毛剤としても効果的なフィナステリド

フィナステリドを用いた育毛剤は頭部に塗布するタイプではなく、経口摂取を行うタイプになります。「育毛剤って頭につけなくても効くの?」と疑うかもしれませんが、その効果は高く評価されているのです。

  • 5αリダクターゼの抑制
  • 髪の成長促進
  • 上記はフィナステリドが含まれているからこそ発現した効果であり、どちらも薄毛改善の力になります。こうした効果について少し詳しく説明するので、フィナステリドに対する理解を深めておきましょう。

5αリダクターゼの抑制はAGA対策に最適

多くの人を悩ませる薄毛の原因として、『AGA(男性型脱毛症)』は大変有名です。そしてAGAを引き起こすのが『5αリダクターゼ』であり、そのメカニズムは以下のようになります。
  • 男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結合
  • 結合するとジヒドロテストステロンに変換される
  • ジヒドロテストステロンは毛髪の成長を阻害して抜け毛を増やす

これが薄毛になる仕組みであり、5αリダクターゼの抑制はAGAの進行を阻止できます。フィナステリドにはこの5αリダクターゼを抑制する効果があり、ジヒドロテストステロンの発生を抑えられるため、薄毛の改善につながるでしょう。早期のうちにフィナステリドを利用すれば、より確実に改善できます。

髪の成長期を正常化して元気な頭髪を作る

フィナステリドは『直接的な育毛効果はない』とされていますが、フィナステリドを含む育毛剤を使った人からは「元気な髪が生えてきた!」という声も上がっています。この仕組みについてはまだ研究が終わっていないものの、一説によれば『AGAの進行を阻止することで、髪の成長サイクルが正常化したからでは?』と予想されています。

髪の成長サイクルとフィナステリドの関係

髪には成長サイクルがあり、通常は成長期が2年から6年続き、次に退行期が2週間ほど発生、最後に休止期を3ヶ月ほど経てまた成長期が到来します。

AGAでは成長期が1年未満で終わることが多く、これでは元気な髪に育つ前に抜けてしまい、頭髪が薄くなってしまいます。フィナステリドの効果によりAGAの進行が止まり、成長サイクルが正常化した結果、成長期が延びて元気な髪が生えてきた…こう考えると自然です。

AGAのうちは細い髪ばかりでコシがないものの、AGAが改善されれば再び元気な髪が生えてくるため、「フィナステリドは元気な髪を作ってくれる」という認識になったのでしょう。研究が進めばまた理由は変わるかもしれませんが、『フィナステリドで元気な髪が生えてきた人』がいるのは事実なので、利用を検討しているならうれしい事実ですね。

男性ホルモンを抑制するフィナステリドには副作用もある

育毛剤の成分として大変効果的なフィナステリドですが、いくつかの副作用も報告されています。その件数は非常に多いとは言えませんが、ほかの育毛剤に比べるとやや目立つでしょう。

  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 無精子症
  • 肝機能障害

とくに男性機能に関わる副作用が多く、これを理由に避ける人もいます。やはり男性ホルモンを抑える以上はこうした問題もつきもので、『5αリダクターゼを抑制するほかの成分』であっても、似たような副作用が懸念されています。
その中でもとくにフィナステリドが警戒されるのは、服用方法ゆえの理由がありました。

飲む育毛剤は副作用が出やすい?

市販されている育毛剤の多くは頭部に塗布するタイプで、副作用が出にくいとされています。これは『頭部からだと成分の吸収率も緩やかだから』という仕組みがあり、効果も緩い代わりに安全性は高いです。

フィナステリドを含む育毛剤は経口摂取タイプなので成分の吸収率が高く、育毛効果が期待できる代わりに副作用も出やすくなっています。効果の強い薬ほど副作用も強いように、フィナステリドを薄毛改善に用いる場合、経過をこまめに見るべきでしょう。

「育毛剤を使ってみたいけど、副作用が心配かも…」と二の足を踏んでいる人は、まずは副作用が起きにくい塗布タイプの育毛剤も検討してください。

なにが違うの?フィナステリドとプロペシアの違いについて

日本ではフィナステリドという名称の薬はなく、飲む育毛剤としては『プロペシア』が有名です。そうなると「フィナステリドに興味があるけど、プロペシアとは違うの?」という疑問を持つのも当然でしょう。こうした薬に関わる説明は難しいものが多く、違いが理解しにくいです。

そこで、フィナステリドとプロペシアの違いを分かりやすく説明します。一見すると難しそうなその違いは、意外と簡単です。

実は同じもの?フィナステリドはプロペシアに含まれている

結論を言うと、『フィナステリドはプロペシアに含まれる成分であり、違う薬ではない』のです。なお、フィナステリドは用量(1回に用いる錠剤の量)により、その効果が変わります。

薬の名前 用量 効果
プロペシア 1mg 薄毛の治療
プロスカー 5mg 前立腺の治療

つまり『フィナステリドを少なめに配合すればプロペシア、多めに配合すればプロスカーができる』と考えれば覚えやすいです。プロペシアを使えば『フィナステリドの効果を使って薄毛改善』ができるので、安心して服用しましょう。

育毛剤の中ではややハイリスクハイリターンな成分のフィナステリド

育毛剤の成分には副作用があるものも多いですが、どれも滅多に起きません。その中で『やや副作用が心配だが、効果は期待できるフィナステリド』は、ハイリスクハイリターンだと表現できるでしょう。 ただ、ほかの育毛剤と違って経口摂取なので、場所を選ばず利用できます。「楽に続けられる育毛剤がいいなぁ」という人でも、胃薬感覚で使えるのはうれしいですね。

また、フィナステリド入りの育毛剤は医師の処方が必要で、経過を報告しながら服用できます。副作用が心配になればすぐに相談できるため、「より確実に薄毛を治したい!」という人なら使う価値はあります。

育毛剤の副作用チェック!育毛効果に期待の成分徹底調査

 

ピックアップ

ページのトップへ