効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    最強の育毛剤成分?ミノキシジルの効果と副作用を知る

最強の育毛剤成分?ミノキシジルの効果と副作用を知る


ミノキシジルの育毛効果と副作用を検証

育毛に有効な成分はたくさんありますが、実際に生えたという声も多いのが『ミノキシジル』です。評判の良い成分なので聞いたことのある人も多く、これからの薄毛改善に役立てようと考えるかもしれません。

評判の良い一方で副作用や利用初期の脱毛などが報告されており、本格的に使うには不安な点もあります。ミノキシジルを使って育毛を実現するなら、まずは効果や副作用について学びましょう。

始まりは副作用から?ミノキシジル入りの育毛剤が生まれるまで

まず、『ミノキシジル入りの育毛剤が生まれるまで』について説明します。

ミノキシジルが育毛剤に使われるまでの経緯

ミノキシジルはアメリカのアップジョン社が『血管拡張薬』として作った成分です。最初は高血圧の治療薬として使われましたが、使用した人に多毛症の副作用が確認され、そこから薄毛改善薬としての研究がスタートしました。

このように、ミノキシジルが育毛剤に使われるきっかけは副作用であり、今でも高血圧の治療薬として使われるケースもあります。

どっちがいいの?ミノキシジルには内服薬と外用薬がある

ミノキシジルを用いた育毛剤には内服薬と外用薬があり、どちらも薄毛の改善に役立てられます。しかし、どちらを使うかでメリットとデメリットが変わり、以下のような違いがあるでしょう。

内服薬 外用薬
効果の強さ 強い 緩やか
副作用の発生率 高め 低め

経口摂取の場合は成分が浸透しやすいため、育毛効果も出やすくなります。その反面で副作用の発生率も上がってしまい、相性によっては大きな病気にもつながるでしょう。

そうした面から、ミノキシジル入りの育毛剤は頭皮に塗布するタイプが多いです。こちらのほうが時間はかかりますが、体にも優しくおすすめできます。

ミノキシジルで期待される効果について

ミノキシジルで期待される効果については、主に2つです。

  • 発毛促進
  • 髪の成長補助

どちらも薄毛改善には欠かせない効果で、1つの成分でカバーできると考えれば、ミノキシジルが評価されるのも納得できます。ミノキシジルはなぜこうした効果が出せるのか、その仕組みを見ていきましょう。

生えてこなくなった髪を復活させる

髪には以下のようなヘアサイクルがあり、薄毛の人は『休止期』の髪が多いとされます。

状態 期間
成長期 髪が成長を続ける時期 2年から6年
退行期 髪の成長が鈍化する時期 2週間
休止期 髪の成長が止まる時期 3ヶ月から4ヶ月

通常は休止期が終わると再び成長期に突入し、丈夫な髪が生えてきます。しかし、薄毛に悩む人は髪に栄養が届いておらず、休止期のまま毛根が育ちません。ミノキシジルには血管拡張作用があるように、頭皮に与えることで血行を改善し、栄養が髪へと行き渡るようになります。すると栄養不足で休んでいた髪が成長期に移行し、発毛効果を実感できるのです。

元気な髪に育て上げる

薄毛の人は髪が生えてこないだけでなく、『成長期の髪が弱いまま成長を終える』という問題があります。ミノキシジルは血管を広げて栄養を届けるようにするため、これまでのコシのない弱い髪ばかりの状態から、『太くて強い髪』が多い状態に変わります。太くて強い髪は硬毛とも呼ばれますが、硬毛が多いと本数以上にフサフサに見えるでしょう。

強い髪は脱毛しにくいように、やがて本数も改善され、薄毛の心配もなくなるのです。

こんな副作用も?ミノキシジルで心配な点

効果が高いミノキシジルですが、安心して使うためにも副作用の確認をしておきましょう。

  • 頭皮のかゆみ
  • 低血圧
  • ニキビの発生
  • 頭痛
  • 性機能低下
  • 不整脈

とくに起きやすいのは頭皮のかゆみで、これはアレルギー反応ゆえに発生すると言われます。アレルギーは体質によって大きく異なるように、ミノキシジルは体質との相性が出やすいでしょう。なお、こうした副作用は『育毛剤の過剰な使用』で起きやすくなるため、利用の際には用法用量を守ってください

初期脱毛は問題なし?ミノキシジルの作用について

また、ミノキシジルでは『初期脱毛』と呼ばれる現象が起きやすく、この状態になると一時的に抜け毛が増えます。「育毛剤を使って抜けるなんて、話にならない!」と怒る人がいますが、問題ありません。

ヘアサイクルにおいては、『新しい髪が生える際は古い髪が抜ける』というのが正常です。ミノキシジルで元気な髪が育つ場合、まずは『弱い状態で成長が終わった髪』が抜けるため、初期脱毛は『元気な髪が生える前のサイン』だと思いましょう。

脱毛が長期に渡って続き、薄毛が加速すれば副作用の可能性もありますが、「しばらく観察していたら、脱毛が止まって髪の毛が生えてきた!」となったら、そのまま育毛剤を続けてくださいね。

どっちがいいの?ミノキシジルとフィナステリドの比較

ミノキシジル以外にも効果の高い育毛成分は存在し、その中でも『フィナステリド』はしばしば比較されています。フィナステリドとは飲む育毛剤である『プロペシア』を構成する成分であり、こちらもアメリカで生まれました。

ミノキシジルと同じく世界で使われているように、薄毛改善の効果は高いです。「どちらも効果的ならどっちを使えばいいの?」と迷う人もいますので、ミノキシジルとフィナステリドを比較し、その差を把握しておきましょう。

作用が異なる?フィナステリドの働きについて

フィナステリドの働きについてですが、ミノキシジルと同じように薄毛改善に役立つものの、その作用は異なっています。具体的には『5αリダクターゼの抑制』が期待されており、詳細は下記をご参照ください。

5αリダクターゼとフィナステリドの働き

男性ホルモンが5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素と結合すれば、脱毛を加速させるジヒドロテストステロンに変化します。フィナステリドは5αリダクターゼを抑制することでジヒドロテストステロンを減らし、脱毛を防ぐのです。

ミノキシジルとフィナステリドの働きを比較すると、以下のようになります。

  • ミノキシジルの働き
  • 頭皮の血行を改善して髪を生やす

  • フィナステリドの働き
  • 脱毛ホルモンを抑制して抜け毛を減らす

育毛成分は多種多様ですが、こうした違いもあるように、『どのように薄毛を治すか?』という方法が異なっているのです。

実は併用もできるミノキシジルとフィナステリド

ミノキシジルとフィナステリドは作用が異なるように、実は併用も可能とされています。薄毛のタイプによって異なりますが、『ミノキシジルで発毛させつつフィナステリドで脱毛を防ぐ』といった相乗効果も期待できるため、予算があれば複数の育毛剤を併用し、さらに早く確実に薄毛を治せるでしょう。育毛剤にはそれぞれの相性もあるため、もしも複数の製品を使いたい場合、専門の病院で相談すればさらに安全です。

ミノキシジル入りの育毛剤はドラッグストアだけでなく病院でも入手できる

フィナステリド入りの育毛剤は医師の処方が必要ですが、ミノキシジル入りの育毛剤は市販されている製品もあり、入手は容易です。
たとえば市販の育毛剤としては『リアップシリーズ』が有名で、市販薬ながらも高い効果があり、「薄毛を治したいけど、病院に行くほどじゃないかも」という人は、気軽に試せるでしょう。
ミノキシジル入りの育毛剤には市販薬以外にも医師の処方が必要な製品もあり、そちらはより効果が強めです。薄毛がかなり進行した状態でも頼りになりますので、自分の状況に合わせて育毛剤を選びましょう。

育毛剤の副作用チェック!育毛効果に期待の成分徹底調査

 

ピックアップ

ページのトップへ