効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    副作用はあるの?飲む育毛剤であるプロペシアを効果的に使うには

副作用はあるの?飲む育毛剤であるプロペシアを効果的に使うには


飲む育毛剤プロペシアの効果的な使用方法

育毛剤には頭部に塗布するタイプだけでなく、飲むタイプも存在します。その中でも有名なのが『プロペシア』であり、使用した人の多くが「薄毛が治った!」と喜んでいます。

飲み薬という形状もあって続けやすいプロペシアですが、いくつかの副作用も報告されており、安全かつ効果的に使うなら正しい知識が必要です。プロペシアで薄毛を治したいなら、今回の記事を読んでしっかりと勉強しましょう。

飲む育毛剤であるプロペシアが誕生するまで

最初に、プロペシアが誕生するまでの経緯を説明します。

プロペシア誕生の経緯

プロペシアはアメリカのメルク社が開発した、『フィナステリド』と呼ばれる成分で構成されています。フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として用いられましたが、これを使用した人に発毛効果や薄毛防止が確認され、成分量を調整して作られたのがプロペシアです。

フィナステリドを5mg配合すればプロスカーと呼ばれる前立腺肥大症の治療薬になり、1mgまたは0.2mg配合することでプロペシアになります。プロスカーは日本では未認可ですが、プロペシアは日本でも認可されており、多くの人を薄毛から救っています。

プロペシアで期待される効果について

プロペシアを正しく服用した場合、以下のような効果が期待できます。

  • 5αリダクターゼの抑制(脱毛ホルモンの増殖を抑える)
  • 発毛促進
  • 元気な髪を育てる

プロペシアは薄毛を阻止するだけでなく、「髪が生えてきた!」という報告もあり、効果が実感できた人からの評価は高いです。プロペシアはどのようにして上記の効果を出すのか、そのメカニズムを見ていきましょう。

薄毛の原因である5αリダクターゼを抑制する

薄毛の主な原因であるAGAは、5αリダクターゼが関係しています。「薄毛になる人は男性ホルモンが多いからでしょ?」とお考えの人も多いですが、正確には『5αリダクターゼの量が多いと脱毛ホルモンが増える』というメカニズムがあります。

AGAが進行するメカニズム

体内にあるテストステロンは5αリダクターゼと結合すると、ジヒドロテストステロンに変換されます。このジヒドロテストステロンこそ脱毛を進行させる原因であり、5αリダクターゼを抑制できればジヒドロテストステロンは増えず、AGAの進行も止まるでしょう。

「薄毛は遺伝」と言われるように、5αリダクターゼの量も遺伝が深く関わるため、AGAを阻止するなら『5αリダクターゼを抑制する育毛剤』が必須です。遺伝による特性はなかなか変えられないのですが、プロペシアは遺伝性のAGAにも効果があるため、家系に薄毛の人がいても安心して使えるでしょう。

発毛を促進して生え際をカバーする

薄毛は額などの生え際から進行しやすく、徐々に髪の生えない範囲が広がっていきます。しかし、プロペシアはこんな状態も防ぐと評判です。

プロペシアを使用して薄毛を食い止めた場合、『これまで後退を続けていた生え際が一転し、徐々に髪が生えだして元に戻ろうとする』のです。プロペシアは薄毛を止めるだけでなく、こうした『髪の復活』にもつながるのが人気の秘密ですね。生え際が復活し始めた際、油断せずに服用を続けることで、若い頃のようなボリュームのある髪型に戻るでしょう。

正常なヘアサイクルを取り戻して髪を元気にする

プロペシアは髪の生え際を取り戻すように、『ヘアサイクルを正常に戻す働き』もあります。髪はこのヘアサイクルに従って成長と脱毛を続けるのですが、AGAになるとヘアサイクルが大幅に乱れるのです。

ヘアサイクルが正常な場合

ヘアサイクルが正常な場合、2年から6年ほど髪が成長を続け、それが終わると2週間ほどかけて成長が鈍り、完全に成長が止まる期間が3ヶ月ほど発生します。そして成長が止まった髪が抜け落ちることで、再び成長を続ける髪が生えるのです。

ヘアサイクルが乱れている場合

AGAでヘアサイクルが乱された場合、髪の成長が1年未満で終了しやすくなります。髪の成長がすぐに終わると細く弱い髪ばかりになり、抜け毛も増加して薄毛が加速するのです。

AGAは髪が生えなくなるだけでなく、生えたとしてもコシのない弱い髪ばかりになり、髪型も維持できません。しかしプロペシアでAGAを阻止するとヘアサイクルが正常になり、再び髪の成長期が延び、コシのある強く元気な髪が戻ってくるでしょう。元気な髪は抜けにくいだけでなく、さまざまなヘアスタイルも実現できますね。

プロペシアを続けるなら気になる副作用について

薄毛改善だけでなく元気な髪も取り戻せるプロペシアですが、育毛剤に含まれているフィナステリドには副作用が確認されており、使用前はそうしたリスクも把握しましょう。

もしもプロペシアで副作用が発生した場合、以下のような症状が出ます。

  • 性欲減退(ムラムラしにくくなる)
  • 勃起不全(ED)
  • 男性不妊症(無精子症)
  • 肝機能障害
  • 発疹
  • めまい

プロペシアの副作用で恐ろしいのは『男性機能の大幅な低下』であり、これから家族を増やしたい男性にとっては、「薄毛を治すか家族を増やすか、どっちにすればいいんだろう…」と悩むでしょう。フィナステリドには元々『男性ホルモンの抑制作用』があるため、こうした副作用を完全になくすことはできないのです。

プロペシアの副作用発生率はさほど高くない?

副作用の怖いプロペシアですが、高確率で発生するわけではありません。臨床試験において副作用が発生したのは全体の4%(参考データ)であり、プラセボ(薬だと偽った無害な錠剤)での発生率とほぼ大差ないとも言われます。また、プロペシアを服用することで改善を認められた人は90%(参考データ)も存在し、『副作用はあるけど効果も高い育毛剤』なのは間違いありません。

頭部に塗布するタイプの育毛剤より副作用の発生率が高いものの、これはプロペシアが経口摂取タイプで体内に浸透しやすいからであり、高い効果とのトレードオフだと言えますね。

プロペシアで育毛効果を実感するためのコツとは

プロペシアは薄毛に対して高い効果を発揮しますが、無計画に使っても成果は出ません。どんな育毛剤にも共通していることですが、『より効果を発揮するための使用状況』を用意しないと、プロペシアも力を発揮しないでしょう。それどころか、間違った使い方は副作用の発生率を引き上げます。

『プロペシアの育毛効果を実感するためのコツ』をご紹介しますので、薄毛改善のためにも頑張ってみましょう。

用法用量を守ろう

どんな薬でも同じですが、たくさん飲むほど効果が出るわけではありません。むしろ過剰摂取は副作用が出やすくなるため、プロペシアは用法用量を守って飲みましょう

具体的には、以下の点に気をつけてください。

  • 服用は1日1回
  • 飲むタイミングは好きなときでOK
  • 飲み忘れた分は翌日にまとめて飲んではいけない

基本的には好きなタイミングで飲めるため、胃薬などを常飲しているならそのタイミングにまとめてもOKです。また、プロペシアは1日1回でちゃんと効果が出るため、出かける前に飲んでおけば持ち歩く必要もありません。

根気強く飲み続けよう

育毛剤によっては『すぐに育毛効果を実感!』と宣伝される製品もありますが、プロペシアは違います。プロペシアで効果を実感できるのは最低でも6ヶ月後と言われており、体質によってはさらに長期の服用が必要です。副作用をとくに感じていないのなら、根気強く飲み続けましょう

多くの人は6ヶ月ほどで薄毛の進行も止まり、生え際にも髪が復活し始めますので、できれば完治するまでは続けてください。

安全な製品を確保しよう

プロペシアを使用する場合、AGAの治療に対応した病院で処方してもらいます。「病院に行かなくても、通販で買えるのでは?」と考える人もいますが、それはおすすめできません。

プロペシアは医薬品に分類される育毛剤であり、本来は医師の処方が必須です。にも関わらず個人で入手すると、以下のリスクを負います。

  • 医師の適切な指導を受けられない
  • 仮に重度の副作用が起きても保障が受けられない
  • まがい物を購入する可能性がある(とくに海外サイトからの輸入品)

とくに輸入品は成分が異なっている場合もあり、効果が出ないどころか別の副作用を引き起こすかもしれません。プロペシアで育毛効果を実感するなら、安全な製品を入手しましょう。

実は塗布タイプの育毛剤と併用可能なプロペシア
プロペシアは単体でも優秀な育毛剤ですが、実は『ほかの育毛剤と併用しても大きな問題は確認されなかった』という特徴もあります。 したがって、塗布するタイプの育毛剤も併用すればさらなる育毛効果も期待できるため、「薄毛を治すためなら予算は惜しまない!」という人なら併用も検討しましょう。

別の育毛剤も使う場合、プロペシアを処方してくれた医師に相談しながら使えば、さらなる安全性と効果を期待できますね。

育毛剤の副作用チェック!育毛効果に期待の成分徹底調査

 

ピックアップ

ページのトップへ