効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    育毛剤の副作用 リアップなどミノキシジル系育毛剤の副作用は?-効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ

育毛剤の副作用 リアップなどミノキシジル系育毛剤の副作用は?-効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ


ミノキシジル系育毛剤の副作用とは

AGA患者に広く使われている育毛剤便利で有効活用したいところですが、多少なりとも副作用のリスクが存在するのも事実。口コミサイトなどで好評の「リアップ」などのミノキシジル系育毛剤もまた、例外ではありません。育毛剤の効果を最大限利用するには、まず副作用の知識もしっかり持ちましょう。

育毛剤の副作用

具体的にどのような副作用が起きるかは、育毛剤の種類によって異なり、危険度もさまざまです。また、人によっては副作用の症状が全く起きない場合もあります。一般的には、頭皮のかゆみや腫れ、めまいや頭痛などが代表的な副作用です。

医薬品と医薬部外品の違い

育毛剤は医薬部外品として認識されている方が多いかと思いますが、実は医薬品の育毛剤も存在します。治療目的で作られた医薬品は、化学物質も多く配合されているため、副作用のリスクもそれなりに高くなります。一方、医薬部外品の多くは植物成分配合のエキスを使用しているため、副作用の危険度も高くありません。

初期脱毛

「育毛剤で毛が生えると思ったら、反対に抜け始めた」こんな症状を訴える方もいます。これは、 初期脱毛と呼ばれる現象で、髪の毛の成長サイクルを軌道修正するための初期段階です。初期脱毛は髪の毛を増やすには避けて通れない道であり、必要なプロセスとも言えます。

初めは髪の毛の抜ける量に驚くかもしれませんが、徐々にその量も減少して新たに生え替わっていきますので、この副作用を怖れる必要はありません。

副作用に注意したいミノキシジル

ミノキシジルは、発毛促進に大変効果のある成分と言われ、その成分を含んだ育毛剤「リアップ」の売れ行きが好調なのを見れば分かる通り、ハゲに悩む男性の希望の星として注目されています。まずは、ミノキシジルとは何か、どんな効果があるかについて説明しましょう。

ミノキシジルとは?

ミノキシジルを開発したのは大手製薬メーカーのファイザーで、元来は血圧を下げる目的で生まれた成分です。しかし、意外にも体毛を濃くする効果があったため、育毛剤の開発に利用されました。ミノキシジル系の育毛剤には、経口タイプの内服薬と、頭部に塗る外用薬の2種類があります。

ミノキシジルの効果は?

ミノキシジルの3つの効果
  • 血管を拡張させ、髪の毛の栄養補給を助ける
  • 頭皮にも栄養を与え、育毛環境を正常化させる
  • 髪の毛を作る毛母細胞に直接作用し、細胞分裂を促進させる

薄毛に悩む男性は、髪の毛の成長に必要なタンパク質も亜鉛もビタミンもミネラルも不足しています。これらの栄養源は食べ物を通して摂取するのが理想ですが、症状が進行して産毛もなくなってしまうと、食生活だけでカバーするのはなかなか困難です。

それに対し、ローションタイプのミノキシジル系育毛剤は、頭皮に有効成分を直接浸透させるため、発毛に大きな効果が期待できます。

ミノキシジル系育毛剤の副作用

ミノキシジル系の育毛剤に効果があるのはお分かりいただけたと思いますが、一方でどんな副作用があるのか、その代表的なものを3つご紹介します。

1.低血圧

もともと、 ミノキシジルは血圧を下げるための薬として開発されたものです。血圧がもともと低い方は、この副作用による症状に悩まされてしまうかもしれません。さらに、低血圧が原因で引き起こされる動機や不整脈にも要注意。血圧が低くなると、血液を送るポンプが縮小し、血液の循環も悪くなります。不整脈などは放置すると命にも関わる危険な病気のため、低血圧の症状が見られたらただちに使用を中止してください。

2.肌アレルギー

頭皮のかぶれや湿疹、ニキビ、肌荒れなどの症状も副作用として報告されています。ミノキシジルには プロピレングリコールという化学物質が含まれており、これがアレルギー反応を引き起こす要因と言われます。金属アレルギーなど、もともと敏感肌の体質の方は、使用を控えた方が無難かもしれません。どうしても使用した場合は、自分で判断せず、まずは皮膚科の専門医に相談してみましょう。

3.体毛が濃くなる

これはミノキシジルの内服薬を使用した際に発生すると言われる副作用です。ミノキシジルには、発毛・育毛のための栄養素を頭皮に送り込む作用がありますが、その影響は頭皮だけでなく、体中に及びます。つまり、体毛も同時に濃くなってしまうわけです。体毛が増えても健康を害するわけではありませんが、濃い体毛が気になる方にとっては、困った副作用でしょう。

育毛剤の副作用が気になるなら

初めての育毛剤使用なら、副作用のリスクを心配するのが当然です。「副作用が気になって育毛剤を使うのは怖い」という方は、パッチテストなど事前に反応を確かめるようにしましょう。

利用前にパッチテストを!

パッチテストとは、アレルギー肌かどうかを確かめる検査方法です。湿疹やかぶれなどの敏感肌の方は、化学物質に触れただけで敏感に反応してしまいます。テストは、検査物質を前もって健常者の肌に反応しない程度の濃度で調整し、絆創膏に塗布して皮膚に貼布。その後、アレルギー反応がないかを確かめるというものです。

本来パッチテストは皮膚科で行う試験でしたが、近年では育毛剤や化粧品、カラーリング剤を対象とした個人仕様のパッチテストもあります。育毛剤のパッチテストを行う場合、原液をそのまま二の腕に軽く塗布。1~2日放置した後、塗布した箇所に反応がないか確認します。この反応で、肌にトラブルが起きる心配はありません。

また、パッチテストを行うには、育毛剤の購入が前提となります。パッチテストの結果、アレルギー反応が見られれば、使用を控えた方が良いため、金銭的な損をしないためにも全額返金保証の付いた育毛剤を選びましょう。

植物由来の肌にやさしい製品を使う

副作用を気にする方におすすめなのが、天然成分配合の肌にやさしい育毛剤です。化学物質や添加物を一切用いない育毛剤であれば、副作用のリスクも軽減できます。口コミサイトでも人気の高い「チャップアップ」は、植物由来の成分で、アレルギー体質や乾燥肌の方でも安心して利用できるでしょう。この育毛剤はすでに金属アレルギーなどのパッチテストにも合格し、安全性の高さは折り紙付きです。

前述の通り、天然成分を使用した育毛剤は、医薬部外品にカテゴライズされます。医薬品の部類は、治療目的で開発された育毛剤ですので、効果が高い反面、副作用のリスクも覚悟しなければなりません。効果より安全性を重視したい方は、 天然由来の医薬部外品の育毛剤がおすすめです。

異常を感じたら、すぐに使用を中止し、医師に相談を

医薬部外品の育毛剤でも、副作用の可能性が全くないとは言い切れません。肌や髪質との相性の悪い育毛剤を使用すれば、肌荒れや乾燥、かぶれやフケなどの症状に見舞われる可能性は十分考えられます。万が一、予期せぬ副作用が発生した場合は、使用をストップしてください。その後も症状に改善が見られないときは、皮膚科などで診察を受けましょう。


育毛剤、とくにミノキシジル系育毛剤に焦点を当てて副作用のリスクを説明しました。もちろん、これらの症状がすべての方に当てはまるというわけではありません。副作用には個人差があり、症状も程度も人それぞれです。

使ってみなければ何とも言えないものですが、 できるだけリスクを軽減したいのであれば、天然由来の医薬部外品を使用するなど、安全性が担保されている育毛剤を選ぶと良いでしょう。

育毛剤の副作用チェック!育毛効果に期待の成分徹底調査

 

ピックアップ

ページのトップへ