効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    毛生え薬(飲む育毛剤)の成分フィナステリドはドーピングになる?

毛生え薬(飲む育毛剤)の成分フィナステリドはドーピングになる?


毛生え薬の成分フィナステリドでドーピング?

スポーツの世界において、禁止されているドーピング。スポーツに打ち込む方や、スポーツファンにとって、選手生命に関わるドーピングは決して無視できない問題です。ところで、いわゆる“毛生え薬”と呼ばれる飲む育毛剤の成分は、ドーピングの検査で引っかかってしまうことがあるのでしょうか?

そもそもドーピングとはどんな行為?

ドーピングとは、スポーツの世界において、薬の力によって競技の能力を高めることを指します。ドーピングは薬を体内に入れたり、細胞や遺伝子を調整したりして行われる行為です。飲む育毛剤の成分がドーピングの検査で引っかかるというのは、前者の薬を体内に入れる場合に相当します。

スポーツでドーピングが禁止される理由

スポーツの世界でドーピングが禁止されているのには、理由があります。1つは、ドーピングによってスポーツ選手の健康を損なうおそれがあるからです。競技のためのドーピングには、後遺症や死の危険性がともないます。スポーツ選手をこのような危険から守るために、ドーピングが禁止されているのです。

また、ドーピングは公平公正が望まれるスポーツの世界において、不公平なものです。スポーツにはルールがあり、選手全員がルールを守る”フェアプレーの精神”によって成り立っています。薬の力や細胞や遺伝子の調整によって体の力を引き出すドーピングは、このようなフェアプレーの精神に反するものと考えられています。

さらに、ドーピングをする選手たちを見て育った子どもたちが、「薬物乱用は悪いことではない」と誤解してしまうという、社会的な危険性もあります。ドーピングとは、スポーツの世界全体を揺るがせてしまうほどの脅威です。このような理由から、試合前のスポーツ選手はドーピングをしていないことを証明するための検査を受けることになっています。

ドーピングになる育毛剤の成分

では、飲む育毛剤の中には、ドーピング検査で引っかかる成分が含まれているのでしょうか。実は、過去に禁止薬物だった飲む育毛剤があります。

かつて禁止薬物だったフィナステリド

フィナステリドとは、男性型脱毛症(AGA)に有効な医薬品「プロペシア」の主成分です。フィナステリドには、5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結びつくのを邪魔する働きがあります。5αリダクターゼがテストステロンと結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質が生じます。ジヒドロテストステロンは、髪の毛の成長を阻害する物質です。このジヒドロテストステロンが生じるのを抑えることで、薄毛や脱毛の予防になると考えられています。

フィナステリドがなぜドーピングの検査で引っかかるのかと言えば、他の薬を使用した痕跡を、隠す働きがあるためです。フィナステリド自体には、筋肉を増強するような効果はありません。しかし、マスキング効果利尿効果によってドーピングの証拠隠滅につながるため、世界アンチ・ドーピング機関によって禁止リストに入れられることになりました。

2009年以降、技術の進歩によりフィナステリドは禁止薬物リストから除外されています。しかし、それまでにフィナステリドの検出によりドーピングとして判定された選手もいたようです。とはいえ、現在では安心して飲む育毛剤を使用することができるようになりました。

髭や体毛の育毛に使われるメチルテストステロン

メチルテストステロンは、髭や体毛の育毛に使用される成分です。男性ホルモンによって成長が促される髭や体毛の生育のために使用されます。ただし、こちらは男性ホルモンの一種ですから、頭部の薄毛や抜け毛にはかえって良くないと言われています。そんなメチルテストステロンは、現在でもアンチ・ドーピング機関によって禁止リストに登録されています。

メチルテストステロンが禁止薬物となっている理由は、筋肉増強の効果が期待できるためです。メチルテストステロンは、市販の塗り薬を始めとした、体毛用の育毛剤にも含まれている成分です。したがって、筋肉増強を目的としていなくても、体毛を増やす目的で使用してドーピングの検査に引っかかってしまうおそれがあります。

育毛剤がドーピングにつながった過去の事件

育毛剤がドーピングにつながってしまった過去の事件についてご紹介します。飲む育毛剤に含まれるフィナステリドは、幸いにも現在は禁止薬物ではなくなりました。スポーツ選手たちも安心して育毛剤を使えるようになったかもしれませんね。

フィナステリドで出場停止に…

リック・ガトームソン選手は、アメリカの元プロ野球選手です。2007年の7月13日に行われた試合前のドーピング検査で、当時まだ禁止薬物とされていたフィナステリドが陽性反応となり、20日間の出場停止処分となりました。この事件は、プロ野球界で初めてのドーピング違反です。その後、フィナステリドは2009年に禁止薬物のリストから除外されることになったため、育毛剤を使用していたために起こってしまった、残念な事件だったと言えるでしょう。

メチルテストステロンで2年間の処分

山中亮平選手は、日本のラグビー選手です。2011年に行われた抜き打ちのドーピング検査で、メチルテストステロンが陽性反応となりました。メチルテストステロンは、髭の育毛に使用していた市販薬が原因となり検出されたものです。口髭の育毛のために、医薬品とは知らずに使用したところ、2年間の資格停止処分を受けることになってしまいました。本人が美容品として認識していたため、国際ラグビーボードの聴聞会で処分を軽くするよう求められましたが、要求は認められませんでした。市販の塗り薬にも含まれているメチルテストステロンには、注意しておきたいですね。

現在は頭髪用の毛生え薬でもドーピングにはならない

かつてドーピングの禁止薬物リストに登録されていたフィナステリドですが、2009年以降は除外されることになりました。したがって、現在では頭髪用の毛生え薬として知られるプロペシアや、フィナステリドを含むジェネリック医薬品を使用しても、ドーピングの検査で引っかかることはありません。

そもそも、フィナステリドには筋肉増強といった効果がありませんから、育毛剤を使用していた選手にとっては災難とも言える出来事だったかもしれません。スポーツの世界で活躍する選手たちにとっては、このような体の悩みのために薬を使用するのも、時に命取りとなります。ドーピングと聞くと、一般的には筋肉増強剤のイメージが強いですが、過去には育毛剤によって処分を受けてしまった選手たちもいたのですから。

今回は、毛生え薬(飲む育毛剤)とドーピングの関係についてお伝えしました。実は、育毛剤のプロペシアに含まれるフィナステリドという成分は、かつてはドーピングの禁止薬物リストに含まれていました。2009年以降の現在ではリストから除外されたものの、一時は育毛剤がドーピングと関係があったようです。また、育毛剤の中でも髭や体毛に使用されるメチルテストステロンは、いまだに筋肉増強の効果が期待されるとして禁止薬物に指定されています。スポーツ選手を目指している方も、スポーツを楽しむ方も、無意識のうちにドーピング行為をしないよう気をつけましょう。

育毛に関する旬なネタをお届け!育毛ニュース

 

ピックアップ

ページのトップへ