効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    キャピキシルは効果なしってホント?ミノキシジルと併用はOK?

キャピキシルは効果なしってホント?ミノキシジルと併用はOK?


キャピキシルの効果とミノキシジルとの関係

「効果はミノキシジルの3倍」とも言われるキャピキシル。しかしその一方で「全く効果なし」という逆の評価も口コミサイトなどで見られます。実際のところ、キャピキシルの効果はどうなのでしょうか?マイナス評価の実態について調べてみました。また、もう1つの育毛有効成分・ミノキシジルについて、その効果とキャピキシルとの関係性も説明しています。合わせてお読みいただき、育毛剤選びの参考にしてください。

キャピキシルの効果

キャピキシルの大きな特徴は、 「薄毛ストップ」「育毛力の強化」という強力な2本立ての能力で発毛・増毛を促進してくれることです。もう少し分かりやすく伝えるため、以下の3つのポイントに分けて説明します。

脱毛因子ホルモンの発生を防ぐ

「脱毛因子ホルモン」とは、「抜け毛の原因となる男性ホルモン」のことで、具体的にはジヒドロテストステロン(DHT)のことです。男らしさを備える上で大切な男性ホルモンですが、この物質は「5αリダクターゼ」という脱毛因子と結合することでジヒドロテストステロンへと転化します。つまり、薄毛を防ぐには、まずジヒドロテストステロンの生みの親とも言える5αリダクターゼの働きを抑える必要があるのです。

この力を持っているのが、キャピキシルに含まれる アカツメクサ花エキスです。この成分には、イソフラボンの一種である「ビオカニンA」が豊富に含まれており、これが5αリダクターゼの働きを抑止し、ジヒドロテストステロンの発生を未然に防止してくれます。

育毛環境の正常化

頭皮は、いわば髪の毛を生み育てるための土壌です。AGAに悩む人は、この土壌環境が非常にもろくなっています。

  • 頭皮が敏感で、ちょっとした刺激にも弱い
  • 乾燥肌で、フケやかゆみが多い
  • 頭皮が固くて血行も悪く、髪の毛に栄養が回らない

こんな状態にある頭皮環境を正常化するには、まず保湿することが重要です。キャピキシルに含まれる アセチルテトラペプチドには強力な保湿効果があり、乾燥肌で弱っている頭皮を潤いで満たしてくれます。十分保湿されると頭皮の保護バリアーも厚くなり、外部の刺激にも強くなれるでしょう。

持続可能な成長環境

保湿力を持ったアセチルテトラペプチドですが、この物質は4種類のアミノ酸から構成され、毛包構造を修復し、強化する働きも持っています。毛包とは、毛根を包む組織のことで、ここが壊されると髪の毛の成長が維持できません。アセチルテトラペプチドは毛包に十分な栄養を補給し、髪の毛の成長をバックアップします。

いつまでも元気な髪の毛を維持するためには、ヘアサイクルの成長期を持続させることが大切です。人間の髪の毛の8~9割は、ヘアサイクルの中の成長期によって生まれるもの。この成長期が短く、サイクルの幅を縮めてしまえば、薄毛を促進させてしまうでしょう。 持続可能な成長環境をキープすることも、薄毛予防の大切なポイントです。

キャピキシルが”効果なし”と言われる理由

キャピキシルは上記の通り、アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチドという2つの強力な有効成分を持ち、その効果はミノキシジルの3倍とも言われます。ところが、口コミサイトなどを見れば、 「キャピキシルに育毛効果はない」という辛らつな評価もあります。なぜ、キャピキシルは効果がないと言われるのでしょうか。調べたところ、以下のような理由が隠れているようです。

期待感が大きすぎる…

「効果はミノキシジルの3倍」というキャッチコピーに引かれ、絶大な効果を期待してキャピキシル配合の育毛剤を購入する方が多いです。その結果、期待も大きく膨らみ、なかなか発毛や育毛につながらないと、「効果がない」と早合点する人も多いのでは?しかし、どんな育毛剤も、しばらく様子を見てみないと効果があるかないかの判断はできません。継続的に根気よく使用を続け、効果のほどを見極める作業が必要です。

髪の毛が生えない…

発毛効果を期待して買った育毛剤なのに、「髪の毛が生えない」という結果だったら、ガッカリですよね。中には、キャピキシルの入った育毛剤を使用しても、全く毛が生えてこず、裏切られたという方もいるでしょう。 「この育毛剤を使えばどんな人でも100%毛が生える!」という育毛剤は存在しないので、このような結果に終わっても不思議ではありません。

むしろ抜け毛が増えた…

「逆に、キャピキシルを使ったせいで毛が抜けてしまった…」こんな報告もあります。これでは効果がないどころか、薄毛の症状が悪化するばかりで、信用できないのも当然でしょう。しかし、口コミでそんな全否定する意見が飛び交っても、それが本当にキャピキシルによるものか、はっきりとした因果関係は分かりません。ひょっとすると、 初期脱毛の可能性も否定できないのです。

キャピキシルを使うと、まず初期脱毛という症状が発生します。初期脱毛は、ヘアサイクルを正常化させるために起きる現象で、新たな毛根の環境を整備するために必要なプロセス。古い毛根が離脱していく中で、抜け毛も増えてしまうというメカニズムです。この情報がないまま、焦って「髪の毛が抜けた!」と書き込んでいる可能性も否定できません。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルもまた、育毛成分として実績がある有効成分です。ミノキシジルの効果は大きく2つ。 「発毛促進」「育毛補助」です。

髪の毛の成長力をバックアップ

ミノキシジルには血管拡張作用があり、血行を良くすることで髪の毛の成長を促します。薄毛に悩む方の髪の毛は、細くて弱々しく、すぐに抜けやすい状態です。髪の毛に必要な栄養素をたっぷり送り込むことで、張りとコシのある力強い髪の毛に育ててくれます。髪の毛が硬くしっかりしてくると、簡単に抜けることもありません。

発毛効果

ミノキシジルの血管拡張作用は、髪の毛を成長させるだけでなく、休止状態だった毛根を復活させ、新たに発毛させることにもつながります。栄養は、髪の毛だけでなくそれを生やす頭皮にもきちんと行き渡らなければなりません。頭皮の栄養不足を改善し毛根を育て、髪の毛の成長サイクルを成長期から再スタートさせることができるのです。

外用薬と内服薬をうまく使い分けること

ミノキシジルには、外用薬と内服薬の2つのタイプがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。また、使う方によっては、薬が合う・合わないの問題があるため、相性を見極めることが大切です。

外用薬
頭皮に塗るタイプで、副作用のリスクが小さい。しかし、効果が現れるまで時間がかかる。
内服薬
外用薬と比べ、育毛効果は出やすいものの、副作用の発生リスクも高い。

どちらかと言えば、体に優しい外用薬タイプがおすすめです。

キャピキシルとミノキシジルの併用はOK?

ともに育毛効果が期待できるキャピキシルとミノキシジルですが、2つのタイプの育毛剤を同時使用することは可能かどうか、以下に説明します。

併用すると、効果はどうなる?

結論から言うと、 キャピキシルとミノキシジルの併用は可能です。ただし、併用する場合、ミノキシジルは内服薬タイプを使いましょう。これは、キャピキシルにはローションタイプの育毛剤しかないためです。キャピキシルとミノキシジルの育毛剤を同時に使うと、べたつきやごわつきが増して使用後感が悪くなることは否定できません。 また、ミノキシジルは内側から、キャピキシルは外側から摂取することで、内側と外側からのダブル効果を狙って薄毛を改善し、発毛育毛を促進させる狙いもあります。

今のところ、併用によって副作用が起きたり、危険度がアップしたりといった報告はないようです。しかし、効果が2倍になったという事例もありません。そもそも、キャピキシルとミノキシジルとでは、有効成分や効き目、育毛メカニズムが異なります。それぞれ別のメーカーが独自のプロセスを経て開発された成分ですので、倍の効果は期待できないと言えるでしょう。

キャピキシルは比較的新しく登場した育毛剤の成分で、国内に1,260万人いるとい言われるAGA患者の期待を背負っています。メジャーな育毛剤として期待が大きい分、評価もさまざまと言えるでしょう。いずれにせよ、使うと決めたからには焦らず、継続的に使ってじっくり見守っていきたいものです。

育毛に関する旬なネタをお届け!育毛ニュース

 

ピックアップ

ページのトップへ