効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    フケやかゆみは乾燥が原因?育毛剤で頭皮に潤いを! ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ

フケやかゆみは乾燥が原因?育毛剤で頭皮に潤いを! ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ


フケ・かゆみ対策と育毛剤のススメ

フケやかゆみなどの頭皮トラブルで悩む人必見!
こうした頭皮トラブルの原因は『頭皮の乾燥』であり、放置すると薄毛につながります。頭皮の乾燥にお悩みならば、育毛剤で潤いを与えると効果的です。なぜ乾燥は薄毛を加速させるのか、そして乾燥しているならどんな育毛剤がいいか、これらについて説明します。

フケやかゆみだけじゃない?頭皮の乾燥が薄毛につながる理由

フケやかゆみの原因は、主に『頭皮の水分が不足して乾燥したから』です。そして頭皮の乾燥は以下の理由により、薄毛にも関係します。

  • 頭をかいてしまい出血や脱毛を招く
  • 頭皮が乾燥するとかゆみを感じ、ついかいてしまう人も多いでしょう。そして頭皮はかなりデリケートであり、爪を立ててかくとすぐに出血してしまい、毛穴が埋まってしまいます。また、かきむしっていると脱毛も起きやすくなり、髪が減って薄毛になるでしょう。

  • 外部からの刺激に弱くなる
  • 頭皮に潤いがないと外部からの刺激(かきむしりや紫外線など)に弱くなり、炎症を引き起こしやすくなります。こうしたトラブルも脱毛を加速させるため、薄毛を改善するなら潤いが欠かせないでしょう。

このように、頭皮の乾燥は薄毛にも直結しており、とくに乾燥肌の人は起きやすくなっています。薄毛に悩む人は自分の体質を理解し、どんな状態なのか、そしてどのような対策が必要なのかを考えましょう。

頭皮が乾燥してしまう原因は?

顔などの乾燥にはすぐに気付きますが、頭皮の乾燥については「なんで乾燥するのか分からない…」と悩む人も多いです。そこで適切な対策をするためにも、頭皮が乾く原因を見ておきましょう。

  • 加齢による保湿能力の低下
  • 人間の肌は年齢を重ねるほど老化するように、頭皮も加齢に応じて保湿能力が下がっていきます。乾燥による薄毛も30代以降が悩みやすいように、年齢を重ねたら乾燥肌でなくともケアしましょう。

  • シャンプーでの刺激が強すぎる
  • 薄毛の人は皮脂をしっかりと落とすため、つい強い力でシャンプーをしやすいです。しかし、シャンプーで強い刺激を与えると過剰に皮脂や潤いを除去してしまい、頭皮を乾燥させて逆に薄毛を進行させるでしょう。

  • 頭皮の血行不良
  • 頭皮の血行が悪いと代謝が正常に行えなくなり、老化が進んでしまいます。老化した肌は潤いがなくなってしまうように、血行不良も乾燥につながるでしょう。

頭皮が乾燥してしまう原因は多く、誰もがこうなる可能性があります。フケやかゆみを頻繁に感じたら薄毛の初期症状だと思い、早めに育毛剤で潤いを与えましょう。

育毛剤での保湿に関する疑問

育毛剤での保湿は薄毛改善に有効ですが、その効果を疑問視する意見もあります。そこで、育毛剤での保湿に関わる疑問とその答えを確認していきましょう。
育毛剤で保湿すると頭皮本来の働きが鈍るのでは?

これは化粧品による肌の保湿でもありがちな疑問で、一見するとその通りに思えます。しかし、加齢によって体本来年齢を重ねても、頭皮に潤いが欲しい…とお考えなら、育毛剤によるケアも必要なのです。

育毛剤よりも食べ物で保湿成分を摂ったほうが安全では?

私たちは食事からも保湿成分を摂取できるため、日々の食生活を管理すれば、頭皮も多少は潤うでしょう。しかし、食事によって得た栄養の届け先には優先順位があり、頭皮は後回しにされます。育毛剤は頭皮に直接塗布するため、保湿成分もダイレクトに作用し、食事で補うよりも効率的なのです。

育毛剤で保湿するためにシャンプーの回数は増やしたほうがいいの?

育毛剤は清潔な頭皮に塗布するのがベストなので、シャンプーの直後はたしかに効果的です。しかし、シャンプーによる過度の刺激は逆に乾燥を招くように、頭髪の洗浄は1日1回で十分でしょう。そして育毛剤は1日2回の塗布が推奨されているため、『シャンプーの直後』と『翌朝の起床時』で十分保湿できます。

このように、育毛剤での保湿は有用性が高く、適切に行えば薄毛も改善できます。とくに頭皮の乾燥を実感している人は、効果を心配するよりも早めに使うように意識し、素早く保湿して抜け毛を抑えましょう。

乾燥によるフケやかゆみを防ぐ育毛剤とは?おすすめは頭皮保湿タイプ!

乾燥による薄毛を防ぐ場合、頭皮保湿タイプの育毛剤がおすすめです。保湿効果が期待できる育毛剤には、以下の成分が含まれていることが多いでしょう。

  • オウゴンエキス
  • オウゴンエキスは自然由来の成分であり、安全性が高い上に保湿効果もあります。さらには抗酸化作用により代謝も活発化するため、乾燥に悩む頭皮には心強い成分です。

  • ヒオウギエキス
  • 皮膚の潤いを維持するためには、体内のコラーゲンをいかにして守るかがポイントです。ヒオウギエキスはストレスや紫外線からコラーゲンを守る働きがあり、頭皮の水分を失わなくて済みます。

  • ヒアルロン酸
  • 化粧品などでも有名なヒアルロン酸は、育毛剤に含まれていることもあります。そして頭皮に塗布することで潤いを与えられ、乾燥によるトラブルから守ってくれるでしょう。

  • センブリエキス
  • 漢方薬で使われるセンブリエキスは、さまざまな育毛効果を内包しています。その効果の1つが保湿であり、さらに血行促進作用もあるため、『潤いを与えつつ血行を改善し、若い頭皮を保つ』といった働きも期待できるでしょう。

  • アロエエキス
  • 化粧水などでも使われるアロエエキスには独特の粘り気があり、そのねばねばに保湿作用が含まれています。また、アロエエキスは脱毛を促進する男性ホルモンの抑制効果もあるため、さまざまな角度から薄毛を予防してくれるでしょう。

育毛剤に含まれる保湿成分は自然由来であることが多く、安心して使えるのもポイントですね。

保湿とセットで意識したい育毛剤の効果

薄毛の進行は複数の原因が重なりやすいように、『保湿とセットで欲しい育毛剤の効果』もいくつかあります。
実際に人気の製品には保湿以外の作用も含まれており、以下の効果は保湿との相性もいいです。

血行促進

頭皮の血行が改善されると、塗布した成分がしっかりと髪に届きます。すると髪にも栄養が行き渡り、太く強く成長を続けるでしょう。そこに保湿が加わることで、成長途中の髪を守るバリアが作られ、安定して髪を育てられるでしょう。

男性ホルモン抑制

AGAなどの症状では保湿以外にも、脱毛の直接の原因である男性ホルモンを抑制しないといけません。この効果と保湿が合わされば、抜け毛を防ぎつつ髪が育ちやすい環境を維持できるため、薄毛からフサフサな頭髪に戻せるでしょう。

抗炎症作用

頭皮が乾燥すると炎症が発生しやすくなり、髪も生えにくくなります。この炎症を治しつつ保湿もしておくことで、炎症が起きにくい正常な頭皮が取り戻せるでしょう。

どの作用も保湿によりさらに効果が上がるため、育毛剤の説明はしっかりと読み、どんな効果が含まれるかチェックしておきましょう。

CHECK!

育毛剤による潤いバリアは頭皮を守ってくれる

育毛剤を継続して使うと頭皮がしっかりと潤い、以下のような実感を得られるでしょう。
・刺激に強くなる
・フケやかゆみ、炎症が起きにくくなる
・代謝が活発化して頭皮が若返る
頭皮の保湿はフケやかゆみを防止するだけでなく、さまざまな刺激から守るバリアを作ります。
このバリアが形成されれば脱毛も減り、薄毛も着実に改善できるでしょう。育毛剤は生やす力だけでなく、保湿による頭皮の保護も大切なのです。

自分の頭皮タイプで効果的な育毛剤を選ぶ!

 

ピックアップ

ページのトップへ