効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    育毛剤に頭皮マッサージは欠かせない?その効果と注意点を知る ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ

育毛剤に頭皮マッサージは欠かせない?その効果と注意点を知る ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ


頭皮マッサージの効果と注意点とは?

育毛剤を使用する場合、ただ単に使うのではなく『セットで取り入れたい習慣』もいくつかあります。頭皮マッサージもそのうちの1つであり、適切に行うことで薄毛や抜け毛を予防しやすくなるでしょう。


また、育毛剤の効果を引き出すためにも、頭皮マッサージは有効です。頭皮マッサージと育毛剤はなぜ相乗効果が期待できるのか、その理由について見ていきましょう。

育毛剤との相乗効果が期待できる頭皮マッサージ

最初に、頭皮マッサージの主な効果について説明いたします。

頭皮の血行促進

通常のマッサージが体の血行を促進するように、頭皮マッサージは頭皮の血行促進につながります。私たちが摂取した栄養は血液によって運ばれるため、頭皮も血行が良くなれば必要な栄養が行き渡るでしょう。

髪の成長促進

髪には『成長期』『退行期』『休止期』の3段階があり、成長期が長いほど健康的で強い髪に育ちます。頭皮マッサージは血行を促進して髪に栄養を届け、成長期を引き延ばすことにより、フサフサの髪を維持しやすくなるでしょう。

頭皮を柔らかくする

血行不良で頭皮が硬いと老廃物を出しにくくなり、不潔な状態が続きます。しかし頭皮マッサージをすれば血液が行き渡り、頭皮も柔らかくなって老廃物もたまりにくくなるでしょう。不潔な頭皮は抜け毛につながるため、頭皮の柔らかさは大切です。

頭皮マッサージによる効果はどれも抜け毛や薄毛を防ぐことにつながり、これは育毛剤の役割と似ています。
育毛剤と頭皮マッサージの併用で相乗効果が期待できるのは、どちらも頭皮にとって有益だからですね。

頭皮マッサージと一緒に習慣化したいこと

頭皮マッサージを習慣化できたら、「もっと効果を出す方法が知りたい!」と思うでしょう。
その場合、以下のことも心がければ、より頭皮マッサージの効果が出やすくなります。

  • 軽めの運動(ウォーキングやサイクリングなど)
  • バランスのいい食生活(塩分と脂質を控えつつビタミンとミネラルを多めに)
  • ストレス解消(好きなことに時間を惜しまない)

上記の行為も血行促進につながるため、育毛剤や頭皮マッサージとの相性も抜群です。
なお、頭皮マッサージを練習して「気持ちよくて体から力が抜けていく…」と感じられれば、ストレス解消も兼ねられるので一石二鳥ですね。

薄毛を予防する頭皮マッサージの方法

頭皮マッサージについては、「絶対にこうしないとダメ!」という形はありません。重要なのは『ちゃんと習慣化しているか』と『間違った方法ではないか』の2点です。
その2点を踏まえて行う場合、以下を参考にするといいでしょう。

まずは頭皮を清潔にしよう

マッサージを行う前に、頭皮を清潔にしましょう。汚いままの頭皮だと汚れを押し込む可能性があるため、優しくシャンプーしてください。なお、より育毛剤の効果を出したいなら『育毛シャンプー』を使うのも有効です。

頭を乾かして育毛剤を塗布しよう

次に頭を乾かし、育毛剤を塗布しましょう。乾かないままだと頭皮に雑菌が繁殖しやすいため、タオルで拭いてから軽くドライヤーを当ててください。なお、多くの育毛剤は『シャンプー後の清潔な頭皮に塗布してください』と指定されているので、マッサージ前に使用しましょう。

指の腹を当てて優しく揉もう

いよいよマッサージを行いますが、その際は『指の腹』を使い、優しく揉むようにしてください。円を書くように頭皮全体を揉み込み、ついでに頭皮の柔らかさもチェックしましょう。

育毛剤が浸透したら終了しよう

頭皮マッサージを終える目安としては、『育毛剤が垂れてこないように浸透させるまで』と覚えておきましょう。具体的な時間としては『5分まで』に留めておき、いつまでも揉まないようにしてください。

この手順を守れば髪が育ちやすくなり、育毛剤もしっかりと浸透させられます。
たまに「育毛剤を使うと垂れてくる…」という人がいますが、そういう人はマッサージが足りていない証拠です。やりすぎはダメですが、垂れてくるようでは浸透しておらず、せっかくの育毛剤が無駄になるでしょう。

薄毛を加速させてしまうダメな頭皮マッサージとは?

頭皮マッサージは絶対に薄毛を予防できるわけではなく、人によっては目立った効果も得られません。とくに『間違った方法でのマッサージ』だと、逆に薄毛が加速します。
間違った方法のマッサージについては、以下のようなものがあります。

  • ブラシでトントンと刺激する
  • 爪を立てて揉み込む
  • 汚れた手や頭皮のままマッサージを行う

「ブラシでトントンすると頭皮に刺激が与えられて髪が生える!」という噂が一時期広まりましたが、これは間違いです。ブラシの硬い先端は逆に頭皮を傷つけてしまい、怪我や炎症を引き起こすでしょう。
また、「爪を立てると頭皮の溝にたまった汚れが落ちる」と思い込む人もいますが、こちらの方法も怪我をするだけです。とくに汚れた手のまま激しいマッサージをすると、傷から細菌が入り込む可能性もあります。
頭皮マッサージを行うなら、『頭皮はすぐに傷付くほどデリケート』だと理解し、優しく揉んでください。

正しいマッサージでもやり過ぎは禁止

「自分は優しく揉んでいるから、毎日長時間マッサージしても平気!」という人も見かけますが、これもNGです。
長時間揉んだり1日に何回もマッサージを行ったりすると、頭皮にある毛細血管が切れてしまい、血行促進どころか髪に栄養が行かなくなります。先ほども説明したように頭皮はデリケートなため、マッサージは育毛剤を塗布したときだけで十分です。
『育毛剤の使いすぎは意味がないように、マッサージも揉みすぎは意味がない』と覚えておきましょう。

育毛するならいつから始める?頭皮マッサージを始めたいタイミング

頭皮マッサージはいつから始めても効果的…と言いたいところですが、やはり『頭皮マッサージを始めるべきタイミング』が存在します。
たとえば以下のような状態なら、頭皮マッサージをスタートするタイミングとして理想的です。

  • 若く十分な髪がある状態
  • 髪はあるが少し薄毛が気になっている状態
  • 薄毛予防のために育毛剤を使い始めた状態

頭皮マッサージは生えない部位に髪を生やすためではなく、『まだ髪があるうちに薄毛を予防する』といった趣が強いです。
予防と治療では意味合いが異なるように、薄毛が進行しすぎたら頭皮マッサージも力を発揮できないため、早めに始めましょう

こんなときは頭皮マッサージを控えよう

頭皮マッサージは始めるべきタイミングだけでなく、『控えるべきタイミング』もあります。頭皮以外のマッサージもしてはいけないタイミングがあるように、以下のような場合は頭皮マッサージも控えましょう。

  • 頭に怪我がある状態
  • 頭皮に炎症が起こっている状態
  • 触れるだけで髪が抜けやすくなるほど薄毛が進行した状態

頭皮マッサージは『頭皮に触れても問題ない状態』でこそ力を発揮しやすいため、頭皮に異常があれば揉まないほうがいいですね。
まだ頭皮が健康なうちから揉み始めるようにし、早めの薄毛対策を心がけましょう。

頭皮マッサージは育毛剤の補助であるのを忘れずに

時折『頭皮マッサージだけで薄毛を改善しようとする人』がいますが、そもそも薄毛が気になってきた場合、マッサージだけでは防げないことが多いです。
マッサージは血行促進のみで薄毛を予防しようとしますが、薄毛の原因は複数が重なりやすいように、『血行促進以外の効果もある育毛剤』を使うほうが確実ですね。
育毛剤は『男性ホルモンの抑制』や『頭皮の保湿』、さらには『皮脂の抑制』なども行うため、マッサージでは治せない薄毛も改善できるでしょう。頭皮マッサージは『育毛剤を浸透させつつ血行を促進するもの』と考え、本気の薄毛改善をしたいなら育毛剤も併用してください。

自宅で簡単!育毛セルフケア特集

 

ピックアップ

ページのトップへ