効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    育毛剤の値段相場はいくら?コスパの評判が良い育毛剤は? ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ

育毛剤の値段相場はいくら?コスパの評判が良い育毛剤は? ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ


育毛剤の値段相場!コスパの良い育毛剤は?

使い始めると長丁場になることが多い育毛剤。できれば、コストパフォーマンスが良くて、評判も上々の育毛剤を使いたいと考えるのは当然のことでしょう。
以下では、気になる育毛剤の価格相場を徹底検証していきます。ぜひ、自分と相性の良い育毛剤選びの参考にしてはいかがですか?

コスパの良い育毛剤を選ぶには

まずは、コストパフォーマンスを考えた育毛剤選びのポイントを一緒に考えていきましょう。

コストパフォーマンスの良い育毛剤とは?

育毛剤を使い始めてから、効果を実感できるまでの期間は、人によりさまざまです。そのため、育毛剤のコストパフォーマンスと言っても、どのような点に着目すべきか、悩ましいものです。さらに、何をもって「コスパが良い」と考えるのかは、価値観の違いもあります。
効果と値段の両方のバランスが良く、お財布に負担がかかり過ぎない商品がベストと言えそうです。

そして、コストパフォーマンスと同時に、次のような要素も重要視したいものです。

  • 内容量と価格のバランス
  • 口コミ(評判)
  • 実際の使い心地
  • 自分の目的に合っている

育毛剤は、どのくらいの期間使える?

育毛剤の内容量は、商品によりさまざまです。1本で1カ月か、あるいは2カ月使えるのかでも、コスパは大きく変わってきます。まずは、1日の使用回数と使える期間を口コミなどでチェックする必要があるでしょう。

育毛剤の購入方法

今ではインターネットで育毛剤を買う人も多いでしょう。コスパ良く使うためには、最初からお得な販売方法を利用したいものですが、さすがに自分に合わない使い心地だったときのことを考えるとリスクが高いと言えます

しかし、育毛剤は最低でも3カ月~半年は継続しなければ、効果が分からないと言いますので、思い切って定期購入に申し込むのも1つの手でしょう。商品によっては、単品での購入に比べ、半額以上のプライスダウンになる場合もありますから、検討する価値はありますね。

定期購入&返金保証、条件もチェック!

先ほどご紹介した“定期購入”には、商品によりさまざま条件が設定されていますので、よく内容を確認してから申し込むようにしましょう。
万が一、自分に合わなかったときのことを考え、1回の注文でも終了できるようなシステムが安心です。

なかには、効果がなければ、返金保証をしている育毛剤もありますので、返金の条件も合わせてチェックしておくことをおすすめします。

育毛剤の値段の相場

さて、ここからは育毛剤の“価格の相場”に話を変えましょう。世間の男性たちは、いったい育毛剤にどのくらいのお金をかけているのでしょうか。ここでは、育毛剤の具体的相場をお伝えします。

育毛剤の相場

コストパフォーマンスを考えたら、できるだけ価格を抑えた育毛剤を選びたいと考えるのは当然ですが、「安かろう悪かろう」では、お金を掛ける意味がありません。やはり、“育毛効果を得るための投資”と考えた上での金額設定が必要でしょう。

そこで、安心して使える育毛剤の相場は、「5,000円程度~10,000円前後」と考えるのが妥当です。少々高いと感じるかもしれませんが、20代~40代の女性が掛ける1カ月の化粧品代が平均10,000円~20,000円とすれば、安く感じるかもしれませんね。

育毛剤の値段が違う理由

一口に育毛剤と言っても、商品によって価格がまったく異なります。しかし、その理由はいったいどこにあるのでしょうか。ここでは、育毛剤と発毛剤、または養毛剤との違いからご説明します。

『育毛剤・発毛剤・養毛剤』の違い

まず押さえておきたいのが、育毛剤・発毛剤・養毛剤の違いです。ここで3種類に分類して効果や特徴を表にまとめると、以下のようになります。

育毛剤 頭皮の“毛母細胞”や“毛根細胞”の活性化
頭皮の血行を良くし、毛乳頭への栄養補給量を増加
雑菌の繁殖や炎症を抑え、脱毛予防
頭皮の乾燥を防ぎ、育毛環境を整える
発毛剤 毛母細胞に働きかけ、脱毛後に“新たな毛”を育てる
(医薬品に指定されたものが多い)
養毛剤 今生えている毛の脱毛を予防
髪を健康に保つ

「育毛剤・発毛剤・養毛剤」をさらに分類すると、有効成分などにより「医薬品・医薬部外品・化粧品・薬用化粧品」に分かれていきます。医薬品は効果や効能が高い分、副作用などの可能性もありますので、医師・薬剤師の指示を守ることが大切になってきます。

『医薬品・医薬部外品・化粧品・薬用化粧品』の違い

続いて、医薬品・医薬部外品・化粧品・薬用化粧品の違いから押さえていきます。

医薬品 効果や効能が認められた薬
医師の処方が必要である“医療用医薬品”とドラッグストアなどで市販されている“一般用医薬品”
医薬部外品 効果や効能が確認されるが作用は穏やか(予防の位置づけ)
効能を明記できる
化粧品 薬ではなく効能を明記できない
(シャンプー、せっけん、スキンケア商品などが該当)
薬用化粧品 効果・効能が認められた成分が“化粧品”に含まれている
(シミ・シワ予防、殺菌作用などがある化粧品が該当)

育毛剤のなかにも、医薬品や医薬部外品であるか、あるいは化粧品かでも期待できる作用が変わってきますので、商品を選ぶ際に気を付けてみるようにしましょう。

育毛剤の価格の差

先ほどまでご紹介してきた「育毛剤・発毛剤・養毛剤」や「医薬品・医薬部外品・化粧品・薬用化粧品」の違いを理解すると、おのずと価格には差があることが分かります。

単純に「価格が高い=良い商品」と断言することは難しいものの、高価な商品には、“有効成分の量・濃度”が多く含まれている可能性があります。ですから、“予防”“改善”かなど、目的の違いにより、育毛剤に掛けるお金は違って当然と言えますね。

コスパの良い育毛剤とは?

最後に“コスパの良い育毛剤”選びのヒントをいくつかご紹介します。口コミなどで商品を選ぶまえに、ぜひこちらを参考にしてみてはいかがですか?

目的をはっきりする

コスパの良い育毛剤を選ぶためには、現在の髪の状態を把握している必要があります。そして、育毛剤を使うことで「髪の毛をどうしたいのか」で必要以上に出費を掛けることはなくなるはずです。つまり毛髪のケアを考える際には、これ以上の脱毛を防ぐのか、増やしていくのか目的を定めた方が良いでしょう。

1日当たりのコストに換算してみる

育毛剤を1日にどのくらいの量、どのくらいの回数を使用するかは、商品によって異なるはず。単に価格だけでなく、内容量によっても使用できる期間は変わってきます。

1日当たりの130円なのか、あるいは200円など、具体的に数字にしてみると、「コーヒー1杯分なら良いか」と納得した商品選びの近道になります。

長く使いたい商品かどうか

相場を知っても、なかなか手が出せないと、安価な商品に走るのはもったいないこと。できれば、長く使いたいと思える商品を吟味して、定期便などの割引制度でお得に購入するのがおすすめです。

コスパ=費用対効果

いくらお金を掛けても、効果を得られないのでは、何の意味もありません。ぜひ、有効成分などの理解を深め、費用対効果を得られるような商品選びを心掛けてくださいね。

相場は1万円。あとは自分の目的に合わせて選ぼう!

いかがでしたでしょうか。今回は育毛剤の相場やコスパの良い育毛剤選びに役立つ情報を集めてみました。これからもどんどん進化することが予想される育毛剤。

さまざまな情報を敏感にキャッチしながら、自分にとってベストな育毛剤を選びたいものですね。
ぜひこちらの内容を参考にしながら、後悔のない選択をしていきましょう!

使う前に知っておきたい育毛剤の基礎

 

ピックアップ

ページのトップへ