効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    育毛剤と一緒に使いたい薄毛用サプリメントおすすめ10選 ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ

育毛剤と一緒に使いたい薄毛用サプリメントおすすめ10選 ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ


おすすめの薄毛用サプリメントを紹介!

何とかして抜け毛の増加を抑えるために、育毛剤と合わせ薄毛用サプリを使っている方も多いでしょう。発毛・育毛に効果のある栄養素の入ったサプリを飲用することで、症状改善に期待が持てるのは事実です。薄毛に悩む人におすすめのサプリ10選をご紹介します。

【1】ビタミン群

重要な栄養素であるビタミン群。髪の毛の成長にも良いとされ、ビタミンを配合したサプリメントも多く売り出されています。

ビタミンA ビタミンAには、頭皮の乾燥を予防し、フケやかゆみのもとを絶ちきってくれます。敏感肌や乾燥肌の方はぜひ取り入れたいビタミンです。
ビタミンB ビタミンBには、皮脂の過剰分泌の抑制、タンパク質の吸収、毛細血管の活性化など、さまざまな働きがあります。
ビタミンC 抗酸化作用を持つビタミンCには、頭皮の状態を改善し、髪の毛の成長を促進してくれます。ストレス抑制にも効果のあるビタミンです。
ビタミンE ビタミンEには、髪の毛の栄養補給に欠かせない血流を良くする働きがあります。頭皮環境の正常化のためにも、毎日の摂取が欠かせません。

【2】アミノ酸

髪の毛の主成分であるタンパク質を構成する最小単位が、アミノ酸です。アミノ酸が不足してしまうと、タンパク質も作られず、髪の毛も伸びません。「髪の毛はアミノ酸でできている」と言われるゆえんでもあります。また、シャンプーはアミノ酸シャンプーが髪の毛に良いと言われるように、 頭皮環境の健全化と髪の毛の成長には欠かせないことも見逃せません。
そのため、サプリメントもアミノ酸配合製品がおすすめです。育毛剤と一緒にぜひ取り入れてみましょう。

【3】タンパク質

髪の毛の80~90%は、 ケラチンと呼ばれるタンパク質でできています。タンパク質は生物の健康を支えるもっとも基本的な栄養素ですが、髪の毛は、特にタンパク質の栄養補給が大切です。しかし、体内に送り込まれたタンパク質は内臓や心臓などの臓器と比べ、 髪の毛には吸収されにくい栄養素です。そのため、サプリ食品などでタンパク質の吸収をしっかりサポートする必要があります。

【4】亜鉛

タンパク質を合成する働きを持つ栄養素が 亜鉛(ミネラル)です。亜鉛が不足すると、髪の毛が細くなり、抜け毛を誘発します。若くして白髪が多くなるのも、亜鉛不足がその要因の1つです。また、 亜鉛は現代人にとってもっとも不足しやすい栄養素と言われ、意識的に摂取しなければ髪の毛の成長に最低限必要な量も確保できません。そのため、亜鉛配合のサプリメントは心強い味方です。

【5】イソフラボン

大豆などに含まれるイソフラボンには、AGAの最大要因である ジヒドロテストステロン(DHT)を作る5αリダクターゼの働きを抑制する作用があります。AGAの主因である物質の働きを抑えれば、必然的に抜け毛や薄毛も改善の方向へ向かうでしょう。
イソフラボンは女性ホルモンと似た構造を持つ物質のため、その働きや性質もよく似ています。ジヒドロテストステロンにとっては天敵とも言えるイソフラボンは、薄毛に悩む方にとっては最高のヒーローです。イソフラボン配合のサプリメント飲用は、育毛剤同様、重視したいAGA対策です。

【6】ノコギリヤシ

ノコギリヤシにも、イソフラボンと同じく、5αリダクターゼを抑制する作用があります。また、ノコギリヤシには LTB4という炎症を抑える物質が含まれており、荒れた頭皮の状態を改善させる力もあります。ノコギリヤシは、北米やメキシコ原産の植物で、日本には生息していません。食品から摂取することも困難なため、サプリメントによる摂取がおすすめです。しかし、育毛剤と同様に即効性は期待できず、数カ月~1年程度腰を据えてじっくり試す心構えを持ちましょう。

【7】コラーゲンペプチド

健康な肌作りを目的に女性が重視するコラーゲンですが、その分子化バーションがコラーゲンペプチドです。肌に潤いを持たせてしわやたるみを防ぐ、 アンチエイジング効果が有名なコラーゲンペプチドですが、実は育毛効果も指摘されています。髪の毛は、毛乳頭と呼ばれる毛髪の根元から栄養素を送り込まれることで成長しますが、毛乳頭の周辺の細胞を活性化する作用がコラーゲンペプチドに含まれているのです。細胞分裂が活発となり、血流も良くなることで栄養素が滞りなく運ばれ、細くなった髪の毛も徐々に生気を取り戻していくでしょう。

コラーゲンペプチドは食べ物からも摂取できますが、持続的に摂り続けるなら、サプリメントが有効です。ただし、コラーゲンペプチドを摂り過ぎると 高血圧になりやすいと言われているため、規定量をしっかり守って無理のない範囲で飲用しましょう。

【8】フィーバーフュー

フィーバーフューはもともとリウマチなどの治療薬として使われていましたが、発毛に一定の効果があることも確認され、同成分が入ったサプリメントも売り出されています。フィーバーフューで注目したい効能は、血流促進作用です。血液凝固をセーブしてくれるため、毛細血管の働きも良くなり、頭皮に栄養素が行き渡るようになります。

さらに、フィーバーフューに含まれる パルテノライドには、ジヒドロテストステロンの生成を抑える働きもあり、AGA患者にとってぜひとも必要な成分です。しかも、治験の結果では1カ月以内に効果が表れたという報告もあり、同成分配合のサプリメントは試してみる価値はあるでしょう。

【9】カプサイシン

カプサイシンはトウガラシに主に含まれる成分で、疲労回復や肥満防止、便秘の解消などさまざまな栄養効果があります。カプサイシンは、よくイソフラボンとの比較で引き合いに出されますが、これはイソフラボンしか作り出せない CGRPという物質の生成を促進させる力を持つからです。CGRPとは育毛促進効果を持つ物質で、生み出せるのは今のところイソフラボンのみと言われています。つまり、 カプサイシンとイソフラボンを同時摂取することで、イソフラボンの持つ潜在能力を高める効果が期待できるのです。

その他にも、カプサイシンには新陳代謝を活発にし、血行不良を改善する働きがあります。新陳代謝が活発になれば、毛穴に詰まった皮脂や老廃物の除去を後押しし、頭皮環境の正常化にも大きく貢献するでしょう。カプサイシンだけでも育毛効果が期待できますが、せっかくならイソフラボンと組み合わせてはいかがでしょうか。

【10】ミレットエキス

ミレットとは、イネ科の植物で、海外では古くから頭皮や毛髪に良いと重宝されてきました。ミレットエキスの特徴は、タンパク質や必須アミノ酸など、 髪の毛の成長に欠かせない栄養素が豊富である点です。特に注目したいのがシスチンという物質で、これは髪の毛の主成分であるケラチンの原料とも言える存在。ケラチンがなくては髪の毛も育たず、そのケラチンは シスチンがなければ作り出すことができない。つまり、シスチンは発毛と育毛に必要不可欠な物質なのです。

シスチンには体内の有害物質を除去する作用もあり、老化や生活習慣病などの防止にも役立ちます。有害物質や老廃物を排除することで、体内の健康が保たれ、頭皮にも良い影響を及ぼすでしょう。

薄毛用サプリは薬ではないため、飲み始めてすぐに効果は期待できません。少なくとも半年間は、様子を見ながら根気よく飲用を続ける必要があります。 その点で言えば、医薬部外品の育毛剤も同様です。サプリと育毛剤、いずれもAGA対策に有効なため、まだ試したことのない方はぜひチャレンジしてみてください。

自宅で簡単!育毛セルフケア特集

 

ピックアップ

ページのトップへ