効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    まだ髪の毛の量が少ない男性が育毛剤をやめたらどうなる?

まだ髪の毛の量が少ない男性が育毛剤をやめたらどうなる?


育毛剤をやめたときの反動とリスク

効果が表れない、自分に合わない、ほかの製品を試したい。など、さまざまな理由から、使用中の育毛剤をやめたいと思う男性もいるでしょう。しかし、そのような決断を下すにしても、やめた場合の反動やリスクなどの必要な情報を知っておくことが大切です。以下では、その辺りについて詳しくご紹介します。
育毛剤をやめたいと思っている方はぜひ参考にしてください。

怖くてできない!育毛剤をやめたら髪の毛はどうなる?

育毛剤と言っても種類が豊富にあり、有効成分も効き方もそれぞれ異なります。育毛剤を大きく2つに分けるとすれば、

薄毛の症状を抑えるタイプ」(プロペシア系)と「発毛を促進させるタイプ」(ミノキシジル系)があると考えて良いでしょう。

「プロペシアをやめた」→元の症状へ

プロペシアとは、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の働きを抑制することで、薄毛の進行をストップさせるのが狙いの医薬系育毛剤です。この医薬品にはフィナステリドという成分が含まれ、男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変換させる酵素・5aリダクターゼの生成を抑制する働きがあります。プロペシアの服用をやめてしまえば、育毛剤によって抑えられていた5aリダクターゼが再び活性化し、止まりかけていた薄毛の進行も再開するリスクが十分考えられます。プロペシアは即効性のあるものではないので、使い続けることに意味がある育毛剤です。そのため、元の状態に戻ってしまうこともある、というわけです。

「ミノキシジルをやめた」→効果が弱くなる可能性がある

ミノキシジルは頭皮の血管を拡張し、毛母細胞を活性化します。育毛環境を正常化させることで、失われた髪の毛の再生を狙います。発毛効果の高い育毛成分ですが、これはAGAを根本的に治癒させるものではありません。そのため使用をやめてしまえば、たとえ髪の毛が増え出したとしても、すぐに収束に向かいます。そして、元の薄毛の状態に戻ってしまうことが懸念されます。

効果が出ても、使い続けるのが基本

ミノキシジル配合の発毛効果にすぐれた育毛剤も、それでAGAの症状が完全に治るものではありません。継続して使用するのが基本です。効果が現れて、太い髪の毛が生えてきたとしても、それは一時的なものであると考えてください。頭皮のコンディションを育毛剤の力で改善したのであれば、その良好な状態をキープできるのもまた、育毛剤の力なのです。

薄毛の悪化を抑えるために出来る事には何がある?

薄毛や抜け毛をストップさせるために使い始めた育毛剤も、途中でやめてしまったら元の状態に戻ることが予想されます。育毛剤の使用をあきらめ、事実上薄毛を放置してしまえば、症状は悪化するばかりです。そんな悲劇を招かないためにも、育毛剤選びと使用方法は間違えないことが肝心です。

自分に合った育毛剤を選ぶ

自分に合わない育毛剤を選んで使用しても、効果が見込めず、途中でやめてしまうこともあり得るでしょう。そんな事態を防ぐためには、まず自分に合った育毛剤を選ぶこと。自分に合った育毛剤とはつまり、頭皮の状態に合った育毛剤ということです。

頭皮の状態 有効成分
脂っぽい頭皮 サリチル酸、ビタミンB、ホホバオイル、チョウジエキスなど、皮脂分泌を抑える成分が入った育毛剤
硬い頭皮 センブリエキス、オウゴンエキス、ミノキシジルなど、血行改善効果のある成分が含まれた育毛剤
乾燥気味な頭皮 オウゴンエキス、ヒオウギエキス、ヒアルロン酸など、頭皮保湿に有効な成分が入った育毛剤
M字ハゲ フィナステリド、ノコギリヤシ、ペンタデカン酸グリセリドなど、ジヒドロテストステロンを抑制する成分が入った育毛剤
O字ハゲ イチョウ葉エキス、メントール、ジアルキルモノアミンなど血行促進に効果のある成分が入った育毛剤

自分の地肌に合う適切な育毛剤を使用することが、少ない髪の毛の増量につながります。

育毛剤は「正しく使う」が原則!

いくら発毛効果の高い育毛剤を使っても、間違った方法で試せば効果が薄れるどころか、マイナスに働くリスクも否定できません。育毛剤は、使うタイミングや量、使用回数など、製品ごとのルールをきちんと守って使用するのが鉄則です。

育毛剤に対し、間違った認識を持つことも危険です。その効果を最大限引き出したいがために、1日に何度も使用したり、タイプの異なる製品を併用したりといった使い方を試みる人もいます。
これらの考えは基本的に間違いで、そのような無計画な使い方をすれば薄毛の改善はますます遠のくばかりです。使用前に注意書きを良く読んで正しい使用を心掛けてください。

育毛剤を継続して使い続けるコツ日々の習慣から!

確かな効果が実感できれば、途中であきらめることなく、持続して使おうという気持ちも生まれるでしょう。より育毛剤の効果を引き出す方法をご紹介します

頭皮マッサージ

育毛剤の使用とともに、頭皮マッサージを実施しましょう。マッサージは、育毛剤を頭皮に塗布した後、行います。指の腹を使って、やさしくもんでください。
円を描くように頭皮を満遍なくマッサージしていくことで、有効成分がより浸透しやすくなります。頭皮にほどよい刺激を加えることは、血行促進にもつながり、髪の毛にも栄養が回りやすくなるでしょう。

髪の毛に良い食事を心掛ける

育毛剤ばかりに頼りすぎるのも良くありません。頭皮や体の健康が損なわれれば、いくら有効成分で毛根を刺激しても根本的な改善には結びつきません。髪の毛に必要な栄養素を食事から摂取する食事療法と合わせて育毛剤を使用してください。

一般的に髪の毛に良いとされる食材は、大豆やカキ、乳製品、緑黄色野菜、卵などです。髪の毛の成長に欠かせない栄養素「タンパク質」「亜鉛」「ビタミン」などの入った食事を念頭に食生活の改善を図りましょう。

ほかの育毛剤に乗り換えるのはアリ?

使用を中止するのではなく、別の育毛剤に乗り換えるのはアリか?結論を言えばアリです。ただし、その際もいくつかの注意ポイントを踏まえた上で正しく切り替えを行ってください。

成分を確認、比較する

切り替える前に、まずは今使用中の育毛剤の成分をチェックしましょう。なぜなら、同じ成分を持つ、あるいは似通った配合の育毛剤を新たに購入しても、ほとんど意味がないからです。コストを無駄にしないためにも、成分の確認・比較は必ず実施するようにしてください。

これまでの育毛剤には入っていなかった成分が含まれる育毛剤には、今の症状を改善させる可能性があるかもしれません。
その意味で別の製品に切り替える価値はありますが、それが必ずしも効果を発揮するという保証はありません。ここでもまた、自分の頭皮の状態に合う成分かどうか確かめてから選ぶようにしてください。

「育毛剤が効かない症状」があることを知る

残念ながら、すべてのAGA症状に育毛剤が有効であるとは言えません。どんなタイプの育毛剤を使用しても発毛効果がない、薄毛の進行が止まらないといったケースもあります。複数の育毛剤を正しく使用して、どれもダメだった場合、ほかのアプローチで改善を模索してみましょう。
AGA専門のクリニックを受診してどのような治療方法が適切か、相談することをおすすめします。

途中で見切りはつけず、しっかり経過をみる。

少ない髪の毛の男性にとって、育毛剤は有効なアイテムです。しかし、髪の毛がしっかり生えそろう前に見切りを付けて使用をやめたら、ますます症状が進行してしまうおそれもあります。

頭皮の状態に合った育毛剤が見つかったら、取りあえず半年~1年間は経過を見守りましょう。

それでも変化がないようでしたら、専門のクリニックを受診して相談するようにしてください。

使う前に知っておきたい育毛剤の基礎

 

ピックアップ

ページのトップへ