効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    ストレスで抜け毛が増えた!ストレスハゲ・薄毛は育毛剤で治る? ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ

ストレスで抜け毛が増えた!ストレスハゲ・薄毛は育毛剤で治る? ‐ 効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ


ストレスによる薄毛・抜け毛を治すには?

ハゲや薄毛の原因には、さまざまなものが考えられます。その中でも、ストレスが原因となるハゲや薄毛については、まずはストレスを引き起こしている原因からなるべく離れることが大切です。ところで、そんなストレスによるハゲには、育毛剤を使用するべきなのでしょうか?それでは、ストレスと薄毛・抜け毛についてご紹介します。

なぜストレスで抜け毛が増えるのか?

ストレスとハゲとの関係については、なんとなく耳にしたこともあるかもしれません。ところで、どうしてストレスが薄毛や抜け毛を引き起こしてしまうのでしょうか?気になるストレスと薄毛・抜け毛の関係について知っておきましょう。

【理由1】ストレスは血行不良を招く

ストレスが薄毛や抜け毛につながるのは、そもそもストレスが血行不良を招くからです。体内の血の流れは、「自律神経」と深く関係があります。私たちがストレスを感じると、自律神経は血管を収縮させます。これによって、血行が悪くなってしまうのです。血行が悪くなると、さらに髪の毛の成長にも影響が及びます。髪の毛を作る毛根は、血液を通して成長に必要な栄養を吸収するため、血流が悪くなると、成長に必要な栄養が不足してしまうおそれがあるのです。このような理由から、ストレスがハゲにつながることがあります。

【理由2】ストレスで頭皮環境が悪くなるから

先ほども述べたように、ストレスを受けると自律神経に乱れが生じます。自律神経が乱れると、「アドレナリン」という物質がたくさん分泌されるようになります。このアドレナリンによって、頭皮にある皮脂腺と呼ばれる部分から、皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。必要以上の皮脂が分泌されると、毛穴が詰まりを起こしてしまうおそれがあります。こうなると、頭皮が炎症を起こして毛根がダメージを受けてしまうなど、次第に頭皮環境が悪化していきます。このような頭皮環境の悪化が、健康的な髪の成長を妨げてしまい、薄毛や抜け毛につながることがあるのです。

【理由3】ストレスで睡眠不足になるから

ストレスが原因で自律神経が乱れてしまうと、適切な睡眠が得られなくなることがあります。なかなか眠りにつけなかったり、眠っても十分な休息を得られなかったりすると、睡眠中に分泌されるはずの「成長ホルモン」が少なくなってしまいます。成長ホルモンとは、髪の毛や爪を始めとした身体の部位が成長するために、なくてはならないものです。この成長ホルモンの不足が、髪の毛の成長に影響を与え、結果として薄毛や抜け毛につながると考えられています。

日常に潜む3つのストレス

私たちの日常に潜んでいるさまざまなストレス。ストレスに対して自分なりの対処法を持っていなければ、次第にストレスをため込んでしまい、よくないサイクルに巻き込まれてしまうでしょう。ここでは、薄毛や抜け毛を防ぐために改善するべきストレスについてお伝えします。

対人関係のストレス

ビジネスマンには、対人関係のストレスがつきものです。同じ職場の同僚であったり、上司であったり、あるいはお客さんであったり。普段から人数の多い会社で過ごしていれば、それだけ性格の合わない人と関わる機会も多くなるでしょう。このような対人関係のストレスは、自分で自覚するとともに、ストレスを発散する方法を用意しておきましょう。休日にスポーツジムに通ったり、趣味に没頭したり、仕事を忘れて別のことに熱中する時間を作ってみてはいかがでしょうか。

家庭のストレス

逆に、職場ではそれほどストレスを感じずに過ごしている一方で、家庭に戻るとストレスの原因が待ち構えているというパターンもあります。そのような場合も、やはりストレスを自覚するとともに、自分だけのストレス発散方法を見つけるのが大切です。趣味に没頭したり、カラオケで大きな声を出したり、1人で温かい飲み物を飲んで気持ちを落ち着けたり、さまざまなストレス解消法にチャレンジしてみましょう。

勉強のストレス

薄毛や抜け毛に悩んでいるのは、成人だけではありません。例えば、学業でプレッシャーを感じているティーンエージャーであっても、ストレスが原因でハゲになってしまうことがあります。対人関係のストレスと同様に、学校や勉強のストレスも一見すると避けるのが難しいものです。勉強のストレスも、例えば、勉強の合間にチョコレートを食べたり、カラオケで大きな声を出したり、1日に決められた時間だけは自分の好きなことを何でもやってみたりと、工夫1つで改善できるかもしれません。

ストレスハゲの対処法は?育毛剤を使うべき?


育毛剤と言えば、男性型脱毛症(AGA)の症状を改善するために使用されるイメージがあります。しかし、ストレスによるハゲにも育毛剤を使うべきなのでしょうか?

ストレスハゲにはストレスの対策が第一

ストレスが原因で薄毛や抜け毛が生じている場合でも、育毛剤を使用することは可能です。しかし、育毛剤を使用したからといって、ハゲが根本的に解決できるわけではありません。原因がストレスだとはっきりしているのであれば、ストレスとの付き合い方を改善しない限り、状況を根本的に改善するのは難しいのです。

育毛剤を使用してもOK

ストレスが原因のハゲであっても、育毛剤を使用すること自体は問題ありません。育毛剤には、頭皮の血行を改善する効果を期待できます。ストレスによって頭皮の血流が滞り、髪の毛の成長に必要な栄養が届きにくくなっている状況を、育毛剤によって改善していきましょう。なるべくストレスから離れて生活するとともに、育毛剤でプラスのケアをしてはいかがでしょうか。

ストレスハゲを改善するための育毛剤の使い方

ストレスが原因の薄毛や抜け毛に育毛剤を使用するなら、頭皮をマッサージするように育毛剤を馴染ませる使い方がおすすめです。ストレスによるハゲでは、頭皮の血流を改善することが大切です。したがって、育毛成分を頭皮に補給しつつマッサージで血行を良くすることで、頭皮環境をより良い状態に整えることができます。

どうしても治らないときは医療機関で治療を

なるべくストレスの原因を避けたり、自分で育毛剤によるケアを続けたりしても、どうしても症状が改善できないと感じたら、医療機関で治療を受けましょう。皮膚科では、飲み薬や塗り薬などによって、ストレスハゲを改善する治療を行っています。ストレスが原因で脱毛が生じる円形脱毛症は、症状が進行してしまうほど治療に時間がかかります。ストレスハゲの中には1カ所以上の脱毛が連続して起こるケースも存在します。自分の力では対応できないと感じたら、すみやかに医療機関で専門家の判断を仰ぎましょう。

今回は、ストレスが原因となる薄毛や抜け毛についてお伝えしました。ストレスによるハゲは、年齡に関係なく誰にでも起こる可能性があります。現代社会は、ストレスと切っても切れない関係にあり、誰もが少なからずストレスを抱えながら日々暮らしていることでしょう。このような状況の中で、自分なりのストレス解消法を持っていることは、とても大切です。
職場や家庭内の人間関係や、勉強のプレッシャーなど、ストレスを感じるものとは適切に距離を取りながら、自分なりのストレス解消法を持っておきたいですね。また、ストレスによるハゲを改善するために、育毛剤を使用しても良いでしょう。血行を改善するために、マッサージをしながら頭皮に育毛剤を馴染ませることを意識しながら使用してください。どうしても症状が改善されないときは、医療機関の受診も視野に入れましょう。

薄毛・抜け毛の原因と対策方法徹底調査

 

ピックアップ

ページのトップへ