効果のある育毛剤の選び方 ヘアトニックラボ
メニュー
検索
    髪の毛が細い・細くなった人必見!髪の毛を太くする方法をチェック

髪の毛が細い・細くなった人必見!髪の毛を太くする方法をチェック


髪の毛を太くするための方法とは

「髪の毛が細くなる」これは、髪の毛が抜けていく代表的なサインでもあります。では、どうして髪の毛が細くなったのか、まずはその理由を突き止めましょう。理由が分かれば、どんな対策が有効かも見えてきます。髪の毛が細くなる主な理由と、髪の毛を太くするための方法をご紹介しますので、薄毛に悩む方はぜひ参考にしてください。

なぜ髪の毛が細くなったの?日常生活から原因を考えてみる

性別に関わらず、人はそれぞれ 髪質というものを持っています。何の理由もなく突然、髪質が変わることはありません。「最近、髪の毛が細くなった気がする…」そんな悩みを持つ方は、以下のようなことに心当たりがないでしょうか。

生活習慣の乱れ

太く、しっかりとした髪の毛に育てるには、必要な栄養を与えることが大前提です。髪の毛の成長を支えるのは、頭皮の毛根にある 毛母細胞です。ここに十分な栄養が回らなければ、髪の毛はやせ衰え、十分育つ前に抜けてしまいます。髪の毛や毛根の栄養不足を招かないためには、タンパク質やアミノ酸を運んでくれる血管がしっかり働いてくれることが重要です。つまり、頭皮の栄養不足は血行不良が主な原因ですが、血行不良になる理由は以下のようなものが挙げられます。

  • かたよった食生活
  • ストレス
  • 睡眠不足

このように、栄養不足の多くは、 生活習慣の乱れによって引き起こされます。

縮毛やパーマのやり過ぎ

おしゃれ好きな人が好む 縮毛矯正パーマ、カラーリングには、頭皮を傷付け髪の成長を妨害するリスクをはらんでいます。

  • 髪の毛を保護するキューティクルが?がれ、髪のコシやハリが失われる
  • パーマ剤の影響で頭皮が乾燥し、刺激に弱くなる
  • 薬剤によるアレルギー反応でフケやかゆみが生じやすくなり、頭皮が荒れる

縮毛やパーマを繰り返すことで、頭皮の状態が悪化し、育つはずの髪の毛も育たなくなってしまうのです。

ストレス

ストレスもまた、髪の毛の成長に大敵です。ストレスがたまると、血管の働きも悪くなり、頭皮に栄養がきちんと送られなくなってしまいます。現代社会において、ストレスのない生活を送ることは不可能ですが、 抱え込んだストレスを放置したままだと、髪の毛はどんどん細くなるばかりです。

髪の毛が細いとハゲるは本当か

「髪の毛が細いからハゲる」という表現は、正しくありません。しかし、もともと太かった髪の毛が、栄養不足などで細くなれば、ハゲやすくなるのは事実です。髪の毛は、「成長期」「退行期」「休止期」という成長サイクルによって、抜けたり、生え替わったりすることを繰り返しています。髪の毛のヘアサイクルで最も重要なのは、2年~6年続くと言われる成長期です。この成長期で、太くハリとコシがある髪の毛に育つはずが、薄毛や抜け毛に悩んでいる方の髪の毛はこの成長期が短くなっています。だから、髪の毛が十分育つ前に退行期が訪れ、やがて休止期で脱毛してしまうのです。この状態を放置すれば、薄毛も加速してしまうでしょう。

いますぐ出来る5つの方法で髪の毛を太くする!

栄養十分でツヤもコシもある髪の毛は、太くしっかり伸びているもの。髪の毛が太くなればハゲないわけではありませんが、丈夫な髪の毛に育てるためには髪の毛を太くするに越したことはありません。髪の毛を太くする方法を5つご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

1.食生活を見直す

髪の毛に十分な栄養を送り込むには、髪の成長に良い食べ物を積極的に食べましょう。髪の毛にとって重要な栄養素は、 「タンパク質」「亜鉛」「ミネラル」「ビタミン」などです。


タンパク質
髪の毛は、ケラチンと呼ばれるタンパク質によってできています。タンパク質が多く含まれる食べ物は、卵、鶏肉、豆類、ブロッコリー、青魚などです。


亜鉛
亜鉛は、薄毛の原因であるDHTを生成する5αリダクターゼの働きを抑制する作用を持つと言われます。また、タンパク質の生成にも不可欠な栄養素です。亜鉛が多く含まれる食べ物は、カキ、かずのこ、豚レバー、牛もも肉などです。


ミネラル
ミネラルは、タンパク質を合成する上で欠かせない栄養素です。ミネラルを多く含む食べ物は、カキ、大豆、煮干し、うなぎ、レバーなどです。


ビタミン
血行不良を改善し、頭皮の環境を良くしてくれるのがビタミンです。ビタミンは、体内で作り出すことができないため、食べ物から摂取する必要があります。ビタミンが多く含まれている食べ物は、マグロやのり、にんじん、ほうれん草、ピーマンなどです。

2.睡眠をしっかり取る

髪の毛を力強く伸ばすためには、良質な睡眠も欠かせません。ただ睡眠時間を長く取るだけでなく、 「何時ごろに熟睡状態を迎えるか」という点も重視してください。

人間が眠る上で、最も理想的な時間帯は、ゴールデンタイムと呼ばれています。このゴールデンタイムは、午後10時~午前2時までの間です。この時間帯は成長ホルモンが活発に分泌されて、髪の毛の成長も後押しします。成長ホルモンが活発に働く時間帯に眠ることが髪の毛を太くするための秘訣です。

3.育毛剤を使う

育毛剤を使って頭皮環境を改善し、髪の毛が太くなった例もたくさんあります。育毛剤にはさまざまなタイプがあり、どれを選ぶかは、ご自身の症状や状態によって判断してください。髪の毛を太くするための育毛剤であれば、 「酢酸トコフェロール」「コラーゲン」などの成分の入ったものがおすすめです。


酢酸トコフェロール
「血流促進」と「活性酵素の除去」という2つの働きで、細くなった髪の毛をボリュームアップしてくれます。血管作用が活発となって血流が良くなれば、髪の毛への栄養補給がスムーズになり、髪の毛が細くならないよう手助けしてくれます。また、肌の老化を引き起こす働きがある活性酸素が多い人は、頭皮も固く脱毛しやすい状態です。活性酵素を除去することで、毛根の萎縮を防ぎます。


コラーゲン
コラーゲンには肌を柔らかくする力があり、女性用の化粧品にも使用されています。肌の一部である頭皮もコラーゲンを注入されることで、固くなった皮膚が柔らかくなり、みずみずしい状態を回復させることにつながるでしょう。

4.頭皮マッサージをする

頭皮マッサージには、血行を良くする作用があります。髪の毛が細くなっているのは、血行不良で髪や毛根に栄養が回っていないからです。 頭皮をマッサージし、血行を促進することで、栄養も回りやすくなります。固くなった皮膚を指の腹を使ってやさしくもみほぐし、頭皮の柔軟性を取り戻しましょう。

5.シャンプーを変える

頭皮を清潔に保つためのシャンプーは、人間の肌に最もなじむアミノ酸シャンプーがおすすめです。頭皮に合わないシャンプーを使ったり、刺激の強いシャンプーで頭を洗ったりすると、頭皮環境は悪化して髪の毛は細くなるばかりです。 良質で無添加のアミノ酸シャンプーを使いながらマッサージすれば、効果もアップ。ぜひ取り入れてみてください。




髪の毛が細いからと言って、あきらめる必要はありません。細くなった髪の毛も、上記でご紹介した方法を取り入れて太く成長させることで、 髪全体のボリュームをアップさせることができます。ここで紹介した髪の毛を太くする方法を参考に、できることから始めてみてください。

薄毛・抜け毛の原因と対策方法徹底調査

 

ピックアップ

ページのトップへ